ICDロゴ

暗号化 (encryption/encipherment)

【アンゴウカ】

最終更新日: 2001/06/22

 データ(平文)を、第三者には分かりにくい形のデータ(暗号文)に変換すること。暗号化の逆の操作は、復号化という。

 データを暗号化するには、データを変換するための規則(アルゴリズム)と、鍵(キー)の2つを使う。通常、暗号化/復号化のためのアルゴリズムをデータの送信者と受信者の間で決めておき、さらにデータを暗号化/復号化するときに(毎回異なる)鍵となるデータを使ってデータを変換する。アルゴリズムと鍵の両方を使うことにより、たとえアルゴリズムが漏洩しても鍵の値が分からない限り、データを復号化することは困難となる。鍵を使わないような単純な暗号化の方法も考えられるが(例えば、A→B、B→C、C→D、…というふうに1字ずつずらす)、このような暗号はすぐに見破られてしまい、安全性が高いとはいえない。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -