ICDロゴ

GIF (Graphics Interchange Format)

【ジフ】

最終更新日: 2000/07/10

 大手パソコン通信サービス会社だった米CompuServer社が開発した画像ファイル フォーマット。インターネットの急速な普及によって、パソコン通信サービスは淘汰され、CompuServe社はその後AOL社に吸収されることになったが、インターネットのWebページに使用される画像ファイル フォーマットの1つとして、GIF形式は現在でも広く利用されている。

 GIFフォーマットでは、画像用のパレット データ(最大256色)をファイル内部に持ち、このパレットの色を使って画像を表現する。したがって本来は256種類以上の色のピクセルを含む画像をGIFフォーマットで保存するには、減色処理を行わなければならない。この際には、256色パレットにある近しい色をもって代用する方法と、ディザ法(1つのピクセルではなく、複数のピクセルの色を組み合わせることによって、擬似的に異なる色を表現する方法)を使う方法がある。

 GIFフォーマットでは、LZW法(開発者であるAbraham Lempel、Jakob Ziv、Terry Welchの頭文字を取った名前)によってファイルに格納するデータを圧縮保存する。LZW法は、同一データが繰り返し出現する場合の冗長性を取り除くことでデータを圧縮する方法である。

 GIFファイルの仕様は、GIF87と、その後一部の仕様を改良したGIF89がある。たとえばGIF89では、透明色のサポートが追加され、画像の一部を透明にして、その部分には背景の色をそのまま表示できるようにされた。これらGIF87およびGIF89フォーマットは、いずれも仕様書がインターネット上で公開されている。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

参考リンク

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -