ICDロゴ

可用性 (availability)

【カヨウセイ】

別名
アベイラビリティ (availability)

最終更新日: 2006/02/06

 システム全体をダウンさせることなく、継続稼働させる能力。「availability」は「有効性」の意味だが、日本語での訳語としては「可用性」を当てる。ただし、「可用性」は広辞苑にも掲載されていない言葉で、つまりはコンピュータ業界得意の造語である。可用性が高いことを指して、「高可用性」などとして、コンピュータ・システムの長所を強調する言葉として使われることが多い。

 一定期間において、そのうちシステムがどの程度の割合で正常稼働しているかを示す数値として「稼働率」がある。文献によっては、「可用性」という言葉が、この「稼働率」とかぎりなく同じような意味で使われるケースが少なくない(場合によっては、「99.99%の可用性」などと完全に混同されているケースもある)。厳密な定義はともかく、少なくとも意味的には、両者は同じようなものだと考えておけばよい。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

稼働率
MTBF
MTTF
MTTR

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -