マイクロソフトがISA Server 2000の日本語β3を発表

2000/6/20

 マイクロソフトは6月19日、2000年後半に発売を予定している「Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2000(ISA Server 2000)」の日本語版β3の提供を、同社のWebサイトを通じて開始したと発表した。

 ISA Server 2000は、複数層でのファイアウォールとWebキャッシュ機能を提供するサーバ製品で、同社のMicrosoft Windows DNA 2000プラットフォームの製品群に含まれるもの。ファイアウォール機能により外部からのアタックや内部での不正なアクセスからWebサーバを保護することが可能なほか、Webキャッシュ機能によりデータアクセスの高速化と負荷分散が実現できる。また、Cache Array Routing Protocol (CARP)をサポートすることで、効率的なスケーリング、階層キャッシュ、スケジュール化されたコンテンツのダウンロードが提供される。

 提供されるβ3版ソフトウェアは、ダウンロード後、120日間の試用が可能。ISA Server 2000の動作には、Windows 2000 ServerまたはWindows 2000 Advanced Serverが必要になる。

[関連リンク]
マイクロソフト発表のリリース
β3ソフトウェアのダウンロード

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -