デル、データ保護機能に特化したSAN製品

2000/11/28

「PowerVault 530F」

 デルコンピュータは、11月27日、SAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)分野のアプライアンス製品「PowerVault 530F」の販売を開始したと発表した。

 新製品は、用途をSAN環境でのデータ管理に絞った単機能製品。あらかじめハードウェアとソフトウェアの最適化がされており、楽に導入が行え、データの信頼性を向上できるという。

 「PowerVault 530F」はSAN向けのデータ管理ソフトウェアとサーバ管理ツール「Dell OpenManage」を搭載しており、設定・管理はブラウザ上で行える。災害時の復旧機能を強化、同製品をサーバとストレージシステムの中間に置くことにより、複数のストレージシステムに対しリアルタイムでデータのコピーと分散を実現する。データの保護機能である「3-Wayミラーリング」では、インスタント・スナップショット機能と、データをリモートサイトにバックアップするミラーリング機能を組み合わせて、3重にミラーリングする。

 その他の機能として、接続されている複数のストレージシステムを仮想的に単一のシステムとして扱う「ストレージ・バーチャライゼーション」がある。論理ボリューム単位でのストレージの割り当てを行うため、データ書きこみの効率化が図れるという。

 サイズは4Uラックマウント型。FC(ファイバーチャネル・ポート)として、オプティカルFCポートを4つ、銅線FCポートを2つ備え、ネットワーク用にギガビットEthernetポートを2つ備えた。

 同社では、新製品を、SANの各機能の中でも特にデータの信頼性と管理性を強化した新コンセプトの単機能製品、「SANアプライアンス製品」と位置付けている。

 価格は、「3年間/当日4時間プラス対応オンサイト保守サービス」込みで520万9000円。同社の法人営業部、ダイレクトセールス事業部(TEL:044-556-6190)を通じて販売する。

 

[関連リンク]
デルの発表記事

[関連記事]
デル、Win2000 Datacenter Server対応予定の 最上位8-wayサーバ (@ITNews)
デルコンピュータがアプライアンスサーバの 新シリーズ「PowerApp(パワーアップ)」を発売 (@ITNews)
コンパック、ストレージ関連新製品を発表 (@ITNews)
サン、ストレージ管理技術「Jiro」をリリース (@ITNews)
EMCのCEO、「時代はコンピューティングから情報管理へ」 (@ITNews)
マイクロソフト、ストレージアプライアンス分野へ参入 (@ITNews)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -