RSAとJetFormが帳票の電子署名で提携

2001/4/14

 セキュリティ大手のRSAセキュリティと電子帳票などで有名なJetFormは、電子フォーム(電子帳票)に関するセキュリティ分野で提携を発表した。

 RSAの「RSA Keon」とJetFormの「FormFlow99」を組み合わせて利用することで、企業は電子フォームに電子署名できるようになり、フォームの機密性、事後否認の防止、安全性が保障される。

 RSA Keonは、アプリケーションのセキュリティを高めるアプリケーション・ソリューションのこと。デジタル証明書を運用管理するサーバ・ソフト「Keon Certificate Server」やセキュリティ管理、ユーザー管理などを行うサーバ・ソフト「Keon Security Server」など、複数のコンポーネント・ソフトウェアで構成される。

 JetFormのFormFlow99は、XMLベースの電子フォーム・アプリケーション・ソフト。フォームを作成する「Designer」、作成したフォームを使用してデータを入力する「Filler」、トレーニングキットの「TAL(Technology Assisted Learning」という3つのツールで構成される。

[関連リンク]
ジェットフォームの発表資料

[関連記事]
スマートカード対応のワンタイム認証ソフト、RSAから (@ITNews)
意識の格差が指摘されるセキュリティ対策 (@ITNews)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -