Javaにも影響か

サンとインテルが戦略的提携

2007/01/23

 米サン・マイクロシステムズと米インテルは1月22日、戦略的提携を締結したと発表した。今回の提携により、インテルはSolarisを支援、サンは インテルのXeonプロセッサをエンタープライズサーバ、通信サーバ、ワークステーションに搭載する。また提携はサンのJava、NetBeansソフトウェア、両社の共同エンジニアリングや設計、マーケティングにも及ぶ広範囲な内容のものとなった。

sunintel01.jpg サンのWebサイトでは両社トップの会見をビデオで見られる

 サンはインテルプロセッサ、OSにはSolaris、Windows、Linuxを搭載したサーバとワークステーションを提供していく計画。また両社はSolaris向けに最適化した、4プロセッサ以上のシステムを共同開発する予定という。

 提携の一環として、インテルはSolarisのOEM契約に合意、Solaris OSを顧客に販売、サポートしていく。また独立系ソフトウェアベンダ(ISV)やシステムプロバイダーに対し、Solaris搭載インテルシステム向けソフトウェアの開発を呼び掛ける。

(ITmedia)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -