Rails Platformを利用

Rubyから始める開発経験もあり――NaClがトレーニング拡充

2007/04/24

 ネットワーク応用通信研究所(NaCl)とオープンソース・ジャパン(OSJ)は4月24日、統合開発環境「Rails Platform」を使ったRuby on Rails(RoR)のトレーニング・コースを拡充すると発表した。プログラミング初心者を対象にしたコースを設けて、RoRへの敷居をより下げる。

 トレーニングはNaClとCTCテクノロジーの共催。コース運営やカリキュラム開発はNaClが行い、OSJがRails Platformを提供する。

 追加したのは3コース。Rails Platformを使ってプログラミング一般やRubyについて学ぶ「Ruby入門コース」、Rubyを修得済みの開発者が、Rails Platformを使ったWebアプリケーション開発を学べる「Ruby on Rails入門コース」、ハンズオン形式でRoRを使ったアジャイル開発が学べる「アジャイル開発コース」。Ruby入門コースは、開発経験がない人も対象にしたコースで、「これからプログラミングを始める方に最適」という。

 価格はRuby入門コースが12万円、Ruby on Rails入門コースが19万円、アジャイル開発コースが22万円。それぞれ初年度アップデートサービス付きのRails Platformが付く。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「Webサイトのデジタルマーケティング実力評価診断」 エクスペリエンスとNexalがサービス開発
エクスペリエンスとNexalがそれぞれに長年手掛けてきたコンサルティングの知見を生かし、...

「幸福感を広めてほしい」 コロナ禍で政府への信頼が低下する一方、ブランドへの期待感が高まる
McCann Worldgroupが「文化と新型コロナウイルスについての真実 第9回調査」の結果を発...

今ツイートした人に広告配信 電通デジタルと電通が「リアルタイムキーワードターゲティング」を提供開始
広告主が配信対象とするツイートのターゲティング期間を短縮してタイムラグを解消。今ま...