ティム・ブレイ氏がブログで明らかに

サン、OpenIDの正式サポートを表明

2007/05/08

 米サン・マイクロシステムズは5月7日(現地時間)、URIをユーザーの識別IDとして使う認証システム「OpenID」を正式にサポートすると表明した。同社でWebテクノロジー関連のディレクターを務めるティム・ブレイ氏が自身のブログで明らかにした。米国サンフランシスコで開催中のJavaOne会場でブレイ氏はインタビューに応え、「認証の問題は複雑で解決するのが難しい。だからOpenIDによって、世界が根底が変わるというものではないが、認証にまつわる複雑な問題に対して小さな一歩を踏み出したことにはなる」とコメントした。

 OpenIDはシングルサインオンの認証プロトコル。特定の組織がIDを管理するのではなく、あちこちのサーバに分散する形でIDを保存するのが特徴だ。実装が容易でシンプルであることや、プロトコルがオープンで特定のグループのコントロールを受けないなどの特徴によって急速に普及の兆しを見せている(参照記事:OpenIDが熱狂的に受け入れられる理由)。

 サンは、同社の社員にOpenIDのIDとなるURIを提供し、他社のオンラインサービスでOpenIDに対応するサイトで、「Webブラウザの前にいるのがサンの社員であること」を証明する枠組みを提供する。例えばある企業がサンの社員向けに特別割引の製品をオンラインで販売するといった用途に使えるだろうと、ブレイ氏はブログの中で述べている。

 OpenIDの信頼性はIDを管理するサーバの真正性に依存しているため、高いセキュリティが必要な認証には向かない。しかし、学割適用の際にユーザーが学生であることを学校のサーバで認証するといった用途には、OpenIDは安価で安全に使えるのではないかと、同氏は提案している。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -