成熟度とプレゼンスの2軸で評価

NRI、企業システム向けOSS評価マップを公開

2007/05/23

 野村総合研究所は5月23日、OSSを評価した「NRIオープンソースマップ(2007年4月版)」を作成したと発表した。NRIオープンソースマップは、企業システムで採用された実績があるか、野村総合研究所が注目しているOSSを、公開されている情報をもとに、関連ドキュメントの量・種類、リリース回数、品質などの「成熟度」と、Webサイトでの関連用語登場回数、検索サイトでのヒット数、サポートベンダー数などの「プレゼンス」という2つの軸でマッピングしたもの。

 評価の結果、前回2006年8月に高く評価された「JBoss Application Server」や「Apache Tomcat」に加え、今回は新たに調査したOSSのうちの「Struts」「Spring Framework」「Hibernate」「Nagios」が、「成熟度」「プレゼンス」ともに企業システムでも十分に機能するOSSとして高いレベルにあることが分かったという。また、今後評価が高まることが期待できるOSSとして、Webアプリケーション・フレームワークの「Ruby On Rails」、Java EE5に対応したアプリケーションサーバ「GlassFish」、アプリケーション・フレームワーク「JBoss Seam」の3つが挙げている。

nri01.jpg

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -