Flex 3ベータ、SDKも提供

アドビ「Apollo」の正式名は「AIR」に、ベータ版公開

2007/06/11

 米アドビシステムズはデスクトップアプリケーションの実行環境「Apollo」のベータ版を6月11日にWebサイトで公開した。合わせてApolloの正式名称を「Adobe Integrated Runtime」(AIR)にすると発表した。正式版は2007年中に登場する予定。

 AIRのベータ版を使うには、Apolloのアルファベータをアンインストールする必要がある。また、Apollo用に作成したアプリケーションはAIRベータ版ではインストールできず、動作しない。AIR用にアプリケーションを開発するには同日にアドビが発表した「AIR SDK」か「Flex 3」のベータ版を使う。

 AIRベータ版はAjaxなどHTML関係の機能を拡張。クロスプラットフォーム環境での統一性も高めた。OSとの連携も高め、OSのドラッグ&ドロップ機能を使えるようにしたり、クリップボードをサポートした。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -