64ビット版WindowsやLinuxも動作

Mac向け仮想化ソフト「VMware Fusion」製品版リリース

2007/08/07

 米ヴイエムウェアは8月6日(現地時間)、インテルCPUベースのMacintosh向けの仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」の提供を開始した。ヴイエムウェアのWebサイトやアップルストアでオンライン販売するほか、米国小売店での販売も行う。価格は79.99ドル(約9440円)。Mac OS Xのバージョン10.4.9以降で利用可能。Core 2 DuoもしくはXeonの場合は、64ビット版のWindows Server 2003、Windows XP/VistaやLinux、Solaris、FreeBSDも利用できる。また、USB2.0対応のデバイスも利用できる。

 VMware Fusionを使うとWindowsやLinuxをMac OS X上のウィンドウ内で稼働できるほか、Windowsアプリケーションについては、単体ウィンドウとしてMac OS X上でシームレスに起動、操作ができる。コピー&ペーストやDockメニューへの最小化なども可能で、WindowsアプリケーションをMac用アプリケーションと同等に操作できるのが特徴。

 同社によれば、2006年12月のベータ版公開以来、25万以上のダウンロードを記録しているという。

fusion01.png Windowsアプリケーションを単体ウィンドウで起動することができる(クリックで拡大)
fusion02.png 64ビット版も含め、多くのバージョンのWindowsに対応
fusion03.png 64ビット版のUbuntu Linux 6.10をウィンドウ内で実行している例(クリックで拡大)
fusion04.png DirectX 8.1に対応する

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -