VA Linuxがサンブリッジ子会社に事業を譲渡

スラッシュドットの運営が新会社に移管

2007/09/03

 VA Linux Systems Japanは9月3日、オープンソースソフトウェア関連のコミュニティサイト「スラッシュッドット」、ニュースサイト「Open Tech Press」、リポジトリサイト「SourceForge.JP」の3つを運営するOSDN事業を、8月16日に設立されたサンブリッジの100%子会社であるOSDN株式会社に譲渡したと発表した。OSDNの資本金は4500万円。代表取締役社長には佐渡秀治氏が就任。OSDNは佐渡氏を含む担当社員3名をVA Linuxから引き継ぐ。譲渡日は9月1日。OSDNや関連3サイトのブランド名やサービスに変更はない。3サイトの月間PVは約2000万。

 VA Linuxは2000年9月に設立以来、Linuxやオープンソースの技術コンサルティングやソフトウェアソリューション提供を行うかたわら、オープンソース文化の普及を目的としたコミュニティを運営してきた。今後は本業である技術開発とコンサルティングに注力する。

 VA Linuxからベンチャーキャピタル出資の元に独立した新OSDNで代表取締役社長に就任した佐渡氏は、3日に発表した声明の中で、スラッシュドットやSouceForge.JPの使い勝手向上に努めるとする一方、「OSDNのメディアとしての価値は、現在のユーザーの皆様の存在そのものであり、慌てず、急がず、変化によってユーザーが大切だと感じている何かを失わないように心がけていく所存です」としている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -