日本版SOX法への短期間対応

日本版SOX法に対応したデータ保存製品の最新版、日本HP

2007/10/04

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月4日、メールなどのデータ保存製品「HP Integrated Archive Platform」(HP IAP)を発表した。価格は税抜きで1200万円から(導入サービスは525万円から)。

 これまで日本HPはデータ保存製品として、「HP Reference Information Storage System」(HP RISS)を販売してきた。HP IAPはHP RISSの製品名を改名したものだが、データ保存を中核機能としてきたHP RISSの(情報)管理機能を強化することで、旧製品名との差別化を図る。

 HP IAPのリリースにあたり、日本HPは2009年3月の会計報告から適用される「日本版SOX法」でのデータ保存の必要性を訴える。企業の会計年度によっては、2008年4月分のデータから監査対象になる。短期間での導入ニーズに応えるために、2〜3カ月程度で導入を可能にするサービスも合わせて提供する。

 データ保存の大きな課題は、迅速なデータの「検索」や「取り出し」「拡張性」「保管性」だ。HP IAPは、データ保存の際に、グリッドストレージを構成するスマートセルと呼ぶモジュールごとに分散して格納する。検索用のインデックスは、各スマートセル内で生成して保管する。検索は各スマートセルに分散したインデックスを並列で検索するため、短時間での検索と取り出しが可能である。また、データ容量を拡大する場合でも、スマートセルを拡張するだけであり、検索のスピードを維持した拡張性を実現している。

 オプション機能として、アーカイブ・検索機能の性能拡張や容量拡張、SCSIおよびFC接続用のバックアップ、リモート・リプリケーション、アプリケーションデータの保存などを用意している。

(@IT 谷古宇浩司)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、...

「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なことと...

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...