ゲートウェイ製品に実装

最新スパムをリアルタイム検知、ソフォスが新技術

2007/11/21

 ソフォスは11月21日、メールゲートウェイ向けの統合セキュリティ製品「Sophos Email Security and Control」にスパム対策の新しい技術「リアルタイム・アンチスパム・ディフェンス」を追加すると発表した。既存ユーザーは追加投資なしで利用可能。11月中に提供開始する。

sophos01.jpg ソフォスの代表取締役社長 アラン・ブロデリック氏

 Email Security and Controlはウイルス対策やクライアントファイアウォール、アプリケーションコントロール、振る舞い検知などのセキュリティ機能をメールゲートウェイ上で提供する。すでにスパム対策機能を備えていて、ソフォスは5分おきにスパムルールを配信し、最新のスパムに対応させてきた。しかし、スパム配信の技術が進展し、イメージスパムやPDFスパムも発生。従来のスパム対策では検知できないことも今後は予想される。

 新たに追加するリアルタイム・アンチスパム・ディフェンスはゲートウェイを通過するメールをEmail Security and Controlのスパム検索エンジンが検知、評価し、疑わしいメールをソフォスの「ソフォスラボ」に送信する。ソフォスラボでは最新情報を反映させた「リアルタイム・アンチスパム データベース」に基づき、受信メールのSender IDの有無や、不適切なURLが含まれないか、チェックサム、イメージやドキュメントの特性を判断するフィンガープリント認証、キーワード検知などのチェックを行う。この結果はEmail Security and Controlに返され、処理される。

 リアルタイム・アンチスパム・ディフェンスで対応するのは「高度なスパム分析が必要な場合のみ」(ソフォス)で、一般的なスパム処理はEmail Security and Controlの従来の機能を使う。

 Email Security and Controlにはハードウェア一体型のアプライアンス製品とMicrosoft Exchange対応のソフトウェア製品、UNIX/Linux対応のソフトウェア製品がある。ソフォス 代表取締役社長のアラン・ブロデリック(Alan Broderick)氏は「ユーザーのサーバで判断できないスパムをソフォスラボで判断する」と説明。複数の手法を組み合わせる「ブレンドされた脅威にも対応できる」と話した。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...

SNSマーケティングの「中と外」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...