ODF-OOXMLコンバータのバージョン1.1をリリース

オフィス文書互換性向上目指しイニシアチブ設立、MS

2008/03/07

 米マイクロソフトは3月6日、異なるオフィス文書フォーマットの相互運用性を高める目的で「ドキュメント・インターオペラビリティ・イニシアチブ」を設立すると発表した。第1回の会合として同社はマサチューセッツ州で、米ノベルなど数社を招いてマイクロソフトの文書フォーマットであるOOXML(Office Open XML)とISO標準規格でOpenOffice.orgなどで使われているODF(Open Document FOrmat)の相互互換性検証を、Mac OX X、iPhone、Palm OS、Symbian OS、Linux、Windows Mobileなど多様なプラットフォーム上で行う予定という。今後、同様の会合を世界各地のラボで継続し、さまざまな実装の相互運用性の検証と修正を行っていく。ベンダ間の議論を促し、各種の文書フォーマットの整合性検証ツールや、互換性を確保しやすい文書テンプレートの開発を目指す。

 イニシアチブ設立と同時に、OOXMLとODFのコンバータのバージョン1.1をリリース。現在、コンバータはExcelとPowerPointの変換に対応する。

 今回の発表は同社が2月21日に明らかにした、全社的な戦略転換のポリシーを実践した活動の1つ。OSやオフィス製品でプロトコルやAPI、データフォーマットをオープンにしていくほか、相互運用性向上を目的としたフォーラムを立ち上げることやオープンソースコミュティと協力していくことなどを目標に掲げている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

高齢者マーケティングに関する必要性の認識と取り組みの実態――日本能率協会総合研究所調査
経営企画・マーケティング担当者400人を対象にした調査結果です。

ヤフーのZOZO買収、コマース事業の成長を加速する4つのポイント
Yahoo! JAPANの主要顧客は30〜40代でZOZOTOWNは20〜30代。「両社の顧客層は相互補完的」...

激動の時代、変化に適応し進化する力はあるか?――ディグラム・ラボ調べ
ディグラム・ラボは「変進力」に関する調査の結果を発表しました。