バージョン5.1.706.29690以前のもので影響

GoogleデスクトップにXSSの脆弱性

2008/03/12

 ローカルPC向け検索ソフトウェア「Googleデスクトップ」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が発見された。3月12日にIPA(独立行政法人情報処理推進機構)のセキュリティセンターとJPCERT/CC(有限責任中間法人JPCERTコーディネーションセンターが共同で発表した脆弱性情報によれば、同ソフトウェアのバージョン5.1.706.29690以前のものを使っている場合、ユーザーのWebブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性がある。

 IPAが脆弱性の報告を受けたのは2007年5月7日。2007年7月4日に修正版が配布されている。IPAはグーグルと調整を行った上で情報を公表した。

 Googleデスクトップは自動更新を行っているため、すでに修正済みのものがインストールされている可能性が高いが、バージョン情報を確認して最新版にアップデートするようIPAでは注意を呼びかけている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH