脆弱性修正に加えInfinibandなどのサポートも

プロトコルアナライザ「Wireshark 1.0」が公開

2008/03/31

 オープンソースのネットワークプロトコルアナライザ「Wireshark 1.0」が、3月31日に公開された。

 Wiresharkは、パケットキャプチャやプロトコル解析の機能を通じて、ネットワーク障害の解析を支援するツールだ。かつては「Ethreal」の名称で提供されていたが、作者のジェラルド・コーム氏の転職にともない、Wiresharkに改名している。

 バージョン1.0ではいくつかのバグフィックスやセキュリティ脆弱性の修正に加え、カスタムカラムのサポートをはじめとする新機能が加わった。また対象プロトコルがさらに広がり、IEEE 802.15.4やInfiniband、Parallel Redundancy Protocolなどの解析が可能になっている。

 Wireshark 1.0は、各Linuxディストリビューション向けに提供されるほか、Solaris、HP-UXなどのUNIX版、Windows版が用意されている。またIntel版Mac OS X向けの試験的パッケージも用意されている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

音声検索のランキングに影響する3つの要素――SEMrush調査
音声検索のランキングに強い影響を与えている要素についての分析です。

電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗体験を支援する「AI試乗ソリューション」を提供
自動車販売店での試乗にAIが「同乗」。試乗に対する心理的ハードルを軽減するなどのメリ...

アジアで人気の日本のコンテンツ、マンガとアニメ以外では?――Fun Japan Communications調べ
アジア各国でも広く視聴されている日本のコンテンツ、どんなものが人気なのでしょうか。