クラウドサービスに参入

【詳報】「Google App Engine」ってなんだ

2008/04/08

 米グーグルは3月7日、「Google App Engine」を発表し、ついにクラウド向けサービスに参入した。この市場では米アマゾンが先行。フルスタックのWebアプリケーション環境を提供することを武器に、グーグルは新たな開発者の取り込みを狙う。Google App Engineの速報記事はこちら

 公開したGoogle App Engineのプレビュー版は1万人の限定サービス。大量のドキュメントとWindows、Mac、Linux向けのSDKがすでに用意されている。

 Google App Engineのメリットはグーグルの各サービスを運用する高信頼なインフラを使って、Pythonで書いたアプリケーションを実行できることだろう。インフラとは具体的には分散ファイルシステムの「GFS」や、データストレージシステムの「BigTable」だ。Google App Engineのブログでは、「自動スケール、自動ロードバランス」を特徴の1つに挙げている。どの程度のユーザーが集まり、どの程度のリソースが必要になるか分からないようなサービスの運用に最適だろう。

appengine01.jpg ドキュメントにある「Hello World」の解説ページ

 現在、サポートする言語はPython 2.5.2。Pythonのフル機能をサポートし、多くのライブラリに対応するとしている。将来的にはほかの言語もサポートすると説明している。datastore、Google Accounts、URL fetch、email serviceなどのAPIが利用でき、シンプルなWebアプリケーションが開発できるフレームワーク「webapp Framework」も提供。SDKは「Django web application framework」を包含する。また、SDKはローカル環境でWebアプリケーションを実行させるためのアプリケーションサーバ機能を持つ。

 プレビュー版は無料で利用できるが、いくつかの制限がある。ストアできるデータ容量は500MBまで、月間のアクセス数は500万ページビューまでで、プレビュー期間中は3つまでアプリケーションを登録できる。プレビュー期間終了後は、追加のリソースを購入できるようにするようだ。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...