PCメール送受信の新サービスも

映画、スポーツを取り込んだ夏商戦モデルをauが発表

2008/06/03

 この夏auは、スポーツライフをもっと豊かに、もっと楽しくする取り組みを始めます――。6月3日、夏商戦に向けて12機種の新ラインナップを発表したKDDI取締役執行役員常務コンシューマ事業統括本部長 高橋誠氏は、同社の新たな取り組みを「スポーツ、ビデオ、チェンジ」の3つの軸で説明した。

takahashi.jpg KDDI取締役執行役員常務コンシューマ事業統括本部長 高橋誠氏

 2008年1月に開始したスポーツサポートサービス「au Smart Sports」を拡充する。au Smart Sportsはランニングやウォーキング時のコースや消費カロリーをケータイ上で表示し、PCとケータイで見られるWebサイトでデータを管理できるサービス。今回、12機種中3機種で加速度センサーを搭載。歩数・距離・消費カロリーを計測できるようになったほか、音楽に合わせてステップを踏むエクササイズソフト「BEAT RUN」を搭載した。

 ユーザーが自分が走るコースを投稿したり、それに対して投票を行うといったソーシャルネットワーク的な機能も追加した。データエクスポート機能やブログパーツの提供など外部連携も進める。また、アディダスジャパンと提携し、コンテンツ提供、ランニングイベント開催、ケータイ向けスポーツアイテムの発売などで協業していく。

sports01.jpg 加速度センサー搭載でカロリーカウンターを備える3機種
sports02.jpg 待ち受け画面に日々の運動量、消費カロリーなどを表示できる
sports03.jpg ランニングコースの投稿や投票が可能になるなど、ソーシャルネットワーク的な機能も追加

 映画をPCでダウンロードし、それをケータイに転送して視聴できる「LISMO Video」を6月上旬より開始する。PC向けの管理ソフト「LISMO Port」を使い、ハリウッド映画、海外ドラマ、アニメなど約2000本のコンテンツをダウンロードできる。価格は無償のものから525円(税込み)のものまである。例えば映画の新着「バイオハザード3」の例では税込みで420円。

 PC上での視聴はストリーミングのみ可能で、ダウンロードできるのはケータイ向けの320×240ドット、384kbpsのコンテンツ。コンテンツによって異なるが、購入から48時間以内、72時間以内など視聴可能な時間が決まっており、レンタルDVDサービスに近い。2時間の映画でコンテンツ容量は約400MBで、ケータイのネットワークでダウンロードするのは「非現実的。ケータイでは数分の映像が限度だ」(高橋氏)

 新たに発表した12機種中8機種でLISMO Videoに対応するほか、発売済みの6機種(W56T、W54S、W54SA、W61SA、W61T、Cyber-shotケータイW61S)で利用できる。

video01.jpg ドラマや映画を2000本用意。価格は無料のものから525円のものまである
video02.jpg 発表会場には映画評論家のおすぎが登場。初めて(?)見るケータイ上の映画に「きゃー、なにこれスッキリ見える!」と黄色い声。「字幕も見えますね。もう60年映画を見てますけど、何だか革命が起こったみたい」(おすぎ)。「あ、最後にひと言。でもね、みなさん映画は映画館で見てくださいね」と関係者が凍り付きそうな本音も飛び出した

 「チェンジ」のキーワードで高橋氏が説明したのは「フルチェン」「ナカチェン」の2つのサービス。フルチェンは従来カバーだけで可能だった外装の変更を、バッテリケースの蓋やキーパッドの部分まで変更可能としたもの。デザイナーによる作品や、キャラクターをテーマとしたものなどが用意され、auショップに持ち込むことで5000円〜1万円程度で外観を変更できる。

 ナカチェンはメニュー画面のデザインやレイアウト、アイコン(コンテンツ)を自由に変更できるサービスで、「メニュー画面を開放する」(高橋氏)ものだ。コンテンツプロバイダが自社のキャラクターやサービスを配置した画面を用意できる。

 このほか新製品発表に合わせてKDDIは、POP/SMTPによるPCメールの送受信サービス「ケータイdePCメール」(月額105円)の提供を開始した。ケータイのメールに近い操作体系を実現した専用アプリを使ったメールクライアントで、Gmail、Yahoo!、OCN、@niftyなどのメールを送受信できる。ただし、メールサーバのポーリングやサーバからのプッシュメール受信には対応せず、手動によるメールのダウンロードのみ可能。

lineup.jpg auの夏モデルの12機種のラインナップと対応機能

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。