指でディスプレイをなぞる新UIを搭載

イー・モバイル、テンキー採用のスマートフォンを発表

2008/06/10

 イー・モバイルは6月10日、台湾のHTC製スマートフォン「EMONSTER lite(S12HT)」を7月下旬に発売すると発表した。価格は未定。3月に発売したEMONSTER(S11HT)の第2弾で、OSはMicrosoft Windows Mobile 6 Professionalを採用する。

emobile01.jpg EMONSTER lite(S12HT)

 EMONSTERが厚さ19ミリであるのに比べて、15.8ミリと薄型であることが特徴。高さや幅も一回り小さい。重量は120グラム。

 2.6型のタッチセンサー付きQVGA液晶ディスプレイを搭載し、新たに「TouchFLO」に対応した。TouchFLOはタッチパネルを指でなぞったり、画面を指で弾いたりすることで操作ができる同時のユーザーインターフェイス。また、ディスプレイはスライド式で、一般的な携帯電話同様のテンキーを採用した。EMONSTERではQWERTY配列のキーボードのみだった。

 通信機能として、最大受信速度3.6Mbpsのデータ通信に対応する。PCと接続してのデータ通信を行えるほか、イー・モバイルが提供するメールアドレスによるケータイメールにも対応する。そのほかのスペックは、Bluetooth 2.0+EDR準拠、200万画素の内蔵カメラ搭載、microSDスロット、ミニUSB端子搭載など。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...

自撮り写真の加工はメイク? 整形?――ByteDance「Ulikeユーザー白書」
ナチュラルに盛れると人気のカメラアプリ「Ulike」のユーザー調査。もっとも、カメラアプ...