プロジェクト種類の拡大など

Visual StudioアドオンのPHP開発環境、アシアルが新版

2009/02/27

asial01.jpg

 アシアルは2月27日、Visual Studioのアドオンとして導入できるWindows向けのPHP統合開発環境の最新版、「VS.Php日本語版 2.6」を発表した。

 VS.Php日本語版は、PHPアプリケーションのデザイン、開発、デバッグおよびデプロイ環境を提供する統合開発ツール。Visual Studio .NETのIDEとエディタを利用でき、その機能を継承しながらPHPの開発を行うことができる。また、PHPとSmarty、Smartyのマニュアルを統合した「ダイナミックヘルプ」を備えるほか、高度なデバッグ機能を備えており、JavaScriptとPHPのデバッグの同時実行や外部デバッグなどが可能だ。

 新バージョンでは、プロジェクトの種類が拡大し、ZendFrameworkを使用したプロジェクトを生成する「Zend Framework MVC プロジェクト」のほか、「IISプロジェクト」「コマンドライン プロジェクト」などが加わった。またローカルとリモートサーバとの間でファイルをやり取りする「Website Copy」機能の強化、インテリセンス機能の強化などが施されている。さらに、別途VisualSVNのライセンスを購入する必要があるが、Visual Studio上でSubversionを管理するためのMicrosoft Visual Studio用のプラグイン「VisualSVN」にも対応している。

 VS.Php日本語版には、Visual Studioの機能を統合した「VS.Php Standalone」と、Visual Studio 2005/2008上にPHP開発環境を実現する「VS.Php for Visual Studio」の2種類があり、価格はいずれもダウンロード版が2万4800円、パッケージ版は2万9800円。同日より販売を開始している。なお、同社Webサイトでは30日間利用可能な試用版も公開されている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...