社内と外部のクラウドを統合管理できる世界へ

ヴイエムウェアのクラウド深耕作戦が始まった

2009/09/04

 ヴイエムウェアがクラウドコンピューティングへのアプローチを本格化している。同社が9月1日より米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の「VMworld 2009」では、VMware vSphereをベースとしたAmazon EC2ライクなIaaSサービス「VMware vCloud Express」を、5社がベータあるいは限定ベータとして提供開始したと発表した。また、Amazon EC2との組み合わせで語られることの多いクラウド環境構築・管理サービスの米RightScaleも、vCloud Expressサービスに対応すると発表した。

 ヴイエムウェアの仮想化プラットフォームをベースとした仮想マシンホスティングサービス自体は新しいものではない。同社によると、世界中で1000以上の事業者がすでに提供しているという。だが、これらのサービスは契約が月単位であり、真にオンデマンドでユーザーが利用できるものではない。これに対し、今回発表のvCloud Expressサービスは、時間単位の課金、支払いへのクレジットカードの利用、そしてセルフサービス的なサーバ環境構築・運用を可能にするWebポータルの提供といった特徴を備える。まさにAmazon EC2対抗といえる。

vcloud01.jpg vCloud ExpressはAmazon EC2を使うユーザーの取り込みを狙う

 vCloud Expressサービスが実現した理由の1つは、事業者に対するヴイエムウェアの新たなライセンス料金体系だ。vCloud Expressを提供する事業者は、ヴイエムウェアに対し、これまでのような月単位ではなく時間単位で、ユーザーの利用量に応じたライセンス料の支払いができるようになる。事業者はそれぞれの判断でサービスメニューを構築し、料金を設定できる。

 独自にサービスを設計できるといっても、似たようなサービスが同じ名前で多数の事業者から登場してくると、ビジネス的なうま味がないのではないかという疑問も生じる。しかしある事業者の担当者は、vCloud Expressでアプリケーションを開発してもらい、本稼働では、自社のVMware vSphereをベースとした従来型の仮想マシンホスティングサービスを使ってもらう流れが作れると話している。

 RightScaleはAmazon EC2などのIaaSサービスを利用し、Web GUIによる容易なアプリケーション環境の構築と運用管理を実現するサービスの提供企業として知られている。ユーザーは、RightScaleのインターフェイスを通じて、単一の、あるいは複数のIaaSサービスにまたがる仮想的なサーバファームを構築できる。運用中にサーバの負荷が高まると、自動的に仮想マシンを増やしてスケールアップし、逆に負荷が低下すると自動的にスケールダウンするように設計することもできる。今回同社は、ヴイエムウェアが提供するAPIへの対応により、vCloud Expressサービスも利用できるようにするという。

 vCloud Expressはヴイエムウェアにとって、クラウドコンピューティング・サービス市場への取り組みの端緒といえる。同社が最終的な目標としているのは、オンデマンドで仮想マシンを企業の社内データセンターからパブリックなクラウドサービスに移動したり、逆にクラウドサービスから社内データセンターに戻したりできる環境、さらにはパブリッククラウドサービス(の一部)を社内データセンターの延長として、統合的にアプリケーションを運用できるような環境の実現だ。VMware vSphereが一般企業のデータセンター内で大きなシェアを持つことを利用し、社内と社外を結ぶ、相互運用性の確保されたIT基盤の提供者になることを狙っている。相互運用性さえ確保されれば、事業者間の乗り換えや併用も可能になる。例えば、企業が災害に備え、アプリケーションを稼働したまま、自社のデータセンターから遠隔のIaaSサービスへ移動するとか、Webベースのサービスを提供する企業がレスポンス確保のために、ユーザーの多い地域に物理的に近いIaaSサービス事業者を併用するといった利用シナリオが考えられる。

vAppと vCloud APIがヴイエムウェアのクラウド戦略のカギ

 こうしたデータセンター間連携の技術的なフックになるのは、vAppとvCloud APIだ。

 vAppはVMware ESXベースの仮想マシン群を仮想マシンの標準フォーマットであるOVF(Open Virtualization Format)形式でパッケージ化したもの。OVFはVMDK、VHDといった仮想マシンイメージファイル形式を統一するものではない。しかし仮想化プラットフォームから独立した形で、CPU/メモリ/ディスク/ネットワークの構成要件情報を付加できる。複数の仮想マシンをひとまとめとして扱うことも可能だ。この複数の仮想マシンで構成されたアプリケーションが必要とするサービスレベルを指定することもできる。

 vCloud APIはVMware vSphereをベースとしたクラウドへのvAppのアップロード/ダウンロードや運用、仮想アプライアンスのカタログ化などの機能を提供するAPI。今回のVMworldで発表された。現在テクニカル・プレビュー段階だが、ヴイエムウェアはこれを、OVFの標準化も行ったDMTF(Desktop Management Task Force)に標準化草案として提出したという。

vcloud02.jpg vCloud APIはDMTFに提出された。ヴイエムウェアのWebサイトにも掲載されている

 vCloud APIはサン・マイクロシステムズが最近発表した「Sun Cloud API」に似た、RESTfulな仮想インフラ管理用APIだ。例えばPOST vDC-uri/action/composeVAppとすると、vDC-uriで指定した仮想データセンター(IaaSサービスや社内データセンター)の特定の仮想マシンテンプレートに基づいて、vAppを作成できる。ヴイエムウェアはサンやIBM、SAPなど40近くの企業・団体と、オープンなクラウドを目指す宣言「Open Cloud Manifesto」を発表しており、ヴイエムウェアとサンのそれぞれ提唱するAPIが統一される可能性もある。

 IaaSサービス事業者は、vCloud APIを使ってセルフサービス・ポータルを提供することができる。RightScaleのような企業は、このAPIを用いて複数のIaaSサービスにまたがる管理サービスを提供可能だ。開発者は、開発したアプリケーションを、開発ツールからIaaSサービスにアップロードできるようになる。また、企業のITインフラ運用担当者が、社内データセンターと外部のIaaSサービスに借りた自社環境を統合的に管理できるようなツールも、ヴイエムウェアは提供する予定だという。

vcloud03.jpg ヴイエムウェアは、今後数カ月のうちに、社内と外部クラウドの一括管理を実現するvSphere Clientのプラグインを提供するという。SAVVISというのはデータセンター事業者
vcloud04.jpg SpringSourceは、VMworld 2009でSpringSource Tool Suiteから外部クラウドや社内クラウドにアプリケーションをデプロイする機能をデモした

 RightScaleが実現しているような仮想データセンターの構築・管理を、より低レベルではあっても一般の企業が社内のデータセンターと外部クラウドを統合した形でできるようにすること。これがヴイエムウェアの目指すクラウドの姿だ。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

スマートフォン・SNS内の保存データ 10代に多い「スクショ」「推し撮り」――博報堂生活総合研究所調査
スマホやSNSアカウント内に保存された写真の枚数や内容などを調査しています。

動画配信サービス利用者の約7割が広告視聴に対して前向き――The Trade Desk調査
テレビよりも動画配信、それも無料サービスの利用意向が高まっているようです。

「新しい出会いや人とのつながりを大切に感じるようになった」人が7割――Sansan調査
新型コロナウイルスの影響で、これまでのように気軽に出会えないことが、ビジネスパーソ...