AMD64、x86-32、ARMを同時ビルド

Chrome OS、クロスコンパイルにGentooのPortage採用

2010/02/18

 ネットブックやタブレットでは、x86プロセッサばかりでなく、ARMアーキテクチャを採用するケースが増えている。こうしたデバイスをターゲットとするChrome OSで、クロスコンパイルのシステムとしてGentooのPortageが取り込まれた。1つのソースコードからAMD64、x86-32、ARMなど、異なるアーキテクチャ向けの各バイナリをビルドボットで作成するという。

 オープンソース版プロジェクト、Chromium OS開発チームのRyan Cairns氏が2月6日にメーリングリストに投稿したところによれば、異なるビルド・ツールを検討した結果、Portageがもっともニーズに適していたために完全移行したという。Chromium OSで多くのパートナーと協業するようになるにつれて、クロスコンパイル環境の充実と、それによるアーキテクチャごとに最適化されたビルドへのニーズが高まっていたという。

 Red Hat、CentOS、Debian、UnbuntuなどLinuxディストリビューションの多くでは、カーネルも含めて基本的に各ソフトウェアのパッケージはバイナリで配布される。これに対して、GentooのPortageはBSD系OSのportsシステムに似て、ソースコードを手元のマシンでビルドしてインストールするというパッケージシステムとなっている。ソースをビルドする分、特に大きなソフトウェアのインストールで時間がかかるというデメリットはあるが、コンパイルのオプションで個別のハードウェアアーキテクチャに最適化できるというメリットがある。このメリットはこれまでLinuxプラットフォームではあまり広く受け入れられていなかったが、ARMとx86、あるいは32/64ビット環境が混在するようになった現在、改めて光が当たった格好だ。

gentoo01.png Gentooプロジェクトのトップページ

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Pure StorageのCMOが語るB2Bスタートアップの「成長の作法」
B2Bにおける顧客視点のマーケティングとは何か。コミュニティーやデータサイエンスをどう...

「コンテンツのメディア離れ」が進む中で日本企業がこれからすべきこと――PwC調査
「パーソナライズされる世界」でエンターテインメントとメディアの未来はどうなるのでし...

Amazon Alexa対応新型「Fire TV Cube」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...