リソースプールをパターン化して運用を容易に

NEC、Cloud Platform Suiteの新製品を発表

2011/07/19

 NECは7月19日、サーバ仮想化環境構築パッケージ製品シリーズ「Cloud Platform Suite」で、プライベートクラウド的運用機能を強化した「Cloud Platform Suiteエンタープライズパッケージ V2」を発売開始したと発表した。

 新製品は、「Cloud Platform Suiteエンタープライズパッケージ」と「リソースプーリングシステム構築サービス」を組み合わせたもの。

 NECはこの製品について、「リソースプーリングの運用ポリシーやシステム構成を定義するとともに、必要なITリソースを事前検証済みの構成で提供。さらにリソース運用、障害監視、構成管理など、プライベートクラウド基盤で必要となるポイントや運用手順について、運用ガイドを用意。これらにより、個別に設計した場合、通常半年から1年近くかかるプライベートクラウドシステムの構築期間を2カ月程度に短縮可能」としている。

nec01.jpg リソースプール運用をパターン化して運用を改善

 システムの増設も容易という。「増設ユニット」が定義されているため、これを購入して追加するだけで、拡張が行える。

 さらに新製品では、OpenFlowに対応したNECのネットワーク製品「UNIVERGE PFシリーズ(プログラマブルフロー)」や、クラウドサービス管理ソフトウェア「WebSAM Cloud Manager」、データセンター運用自動化ソフトウェア「WebSAM vDC Automation」などをオプションとして提供する。

 Cloud Platform Suite エンタープライズパッケージ V2の価格は3000万円から。「Cloud Platform Suite サーバ増設ユニット」は400万円から。そして「Cloud Platform Suite ストレージ増設ユニット」は660万円から。

関連リンク

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ウェルビーイング」がなぜCX(顧客体験)とEX(従業員体験)に重要なのか? Qualtrics調査から考察する
Qualtricsの調査によると、コロナ禍で従業員エンゲージメントが世界でも日本でも向上。従...

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。