対応ファームウェアを無償提供開始

日本IBM、BNTスイッチ最上位機種でOpenFlowに対応

2011/11/11

 日本IBMは11月11日、同社のBNTイーサネットスイッチの最上位機種「IBM BNT バーチャル・ファブリック 10Gb G8264」がOpenFlowに対応したことを発表した。同社はOpenFlowに対応したファームウェア「IBM Networking OS 6.8.1」を同機種用に提供開始した。IBMのWebから無償でダウンロードし、適用できる。

 OpenFlowは、ネットワークスイッチの経路選択設定を、別個に稼働するサーバ(OpenFlow Controller)から集中制御するための規格として、Open Networking Foundationにより策定が進められているもの。OpenFlow ControllerでAPIを提供すれば、ソフトウェアからネットワークを制御できるようになる。OpenFlowでは、OpenFlow ControllerとOpenFlow Switchとの間のプロトコルを定めている。ただし、実際にOpenFlowをどのような目的で使うのかについては、「OpenFlow対応」を進める各社の間で一様とは言えない。

 IBMのスイッチにおけるOpenFlowの利用方法は、NECの「Programmable Flow」と同様だ。OpenFlow Controllerで論理的なネットワーク構成を設定し、これを各スイッチにトラフィックフロー処理ルールとして適用することができる。フローの種類によって転送経路を変えたり、メンテナンスのためにフローを片寄せしたり、特定のフローにのみ特定のネットワークサービスを適用したりできる。

 IBMは現在のところ、同社がOpenFlow Controllerを提供するという発表はしていない。従って、OpenFlowでG8264を制御するには、オープンソースあるいは他社の商用OpenFlow Controllerを使うことになる。米IBMは今年5月のInterop Las Vegasで、NECのOpenFlow ControllerからBNT G8264を制御するデモを実施している。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...

SNSマーケティングの「中と外」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...