キャッシュDNSサーバ、権威DNSサーバの双方に影響

BIND 9にまたDoSの脆弱性、修正版へのバージョンアップを

2012/06/05

 DNSサーバの「BIND 9」にサービス運用妨害(DoS)の脆弱性が存在することが明らかになった。JPCERT/CCや日本レジストリサービス(JPRS)では、問題を修正した最新バージョンの速やかな適用を推奨している。

 この脆弱性が影響するのはISC BIND 9.x。リソースレコード(RR)の取り扱いに不具合があり、RDATAフィールドの長さが0となっているRRを受け取ると、namedが異常終了してサービスが停止する恐れがある。

 開発元のISCによると、いまのところ、この脆弱性を悪用した攻撃は確認されていない。しかし、キャッシュDNSサーバとして運用している場合だけでなく、権威DNSサーバもまた影響を受けることから、この脆弱性の深刻度を「クリティカル(重大)」と判断。BIND 9.9.1-P1/9.8.3-P1/9.7.6-P1/9.6-ESV-R7-P1といった最新バージョンへのバージョンアップを推奨している。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH