ファイアウォールルータ「SRT100」の後継機

ヤマハ、中小規模向けセキュリティアプライアンス「FWX120」を発表

2012/09/21

 ヤマハは9月20日、中小規模ネットワークやSOHO向けのファイアウォールアプライアンス「FWX120」を発表した。

 FWX120はファイアウォールに加え、L2TP/IPsec VPN、URLフィルタリング、ファイル共有ソフトウェアの検出/遮断といったセキュリティ機能をまとめて提供する。さらに、設定チェックや侵入/攻撃行為のモニタリングを行い、ネットワーク状況を診断する「セキュリティアドバイス機能」により、管理者が直感的に状況を判断できるよう支援する。

yamaha01.jpg

 同社は以前から、セキュリティ設定の容易さを特徴とする中小規模ネットワーク向けのセキュリティルータ「SRT100」を提供してきた。FWX120は、SRT100の機能を引き継ぎつつ全面的に強化した製品だ。日本語GUIにも改良を加え、ポリシーベースのフィルタリングやURLフィルタ、VPNなどの設定をさらに容易に行えるようにしている。

 本体機能も強化しており、インターフェイスにギガビットイーサネットを搭載。ファイアウォールで最大1Gbps、IPSec VPNでも最大200Mbpsのスループットを実現する。また、VPNトンネル数は最大30、同時セッション数は最大3万に拡張した。ルータで対応済みのmicroSDスロットやLuaスクリプト、パワーオフ・ログ保存機能などもサポートしている。

 さらに、同社のレイヤ2スイッチ「SWX2200シリーズ」との連携も可能だ。同一の管理インターフェイスからLAN側の設定をまとめて行うことができる。

 価格は8万1900円で、11月中旬に販売を開始する。今後、メールセキュリティ機能の追加も予定している。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...