ハイエンド製品の機能を一部搭載

日立がミッドレンジストレージ強化、外部機器の仮想化も

2012/09/26

 日立は9月26日、同社のミッドレンジストレージシリーズ「Hitachi Unified Storage」で、ソフトウェア機能を強化した上位製品「Hitachi Unified Storage VM」を販売開始したと発表した。

 日立はミッドレンジのストレージ製品群をユニファイドストレージ化し(すなわちSANストレージとしてもNASとしても利用可能)、「Hitachi Unified Storage」シリーズとして提供している。一方ハイエンドストレージは「Hitachi Virtual Storage Platform」というシリーズ名で販売している。

hitachi01.jpg 新たな日立ストレージ製品群のラインナップ

 今回発表のUnified Storage VMは、ミッドレンジシリーズの最上位製品となる。ハードウェアは従来より提供している「Hitach Unified Storage 100シリーズ」を用いているが、従来ハイエンドストレージでのみ提供していた2つの機能を搭載したという。

 その2つとは外部ストレージ機器の仮想化機能と、リモートコピー機能。外部ストレージ機器の仮想化では、最大64PBをまとめ上げられ、これは業界最大容量という。リモートコピー機能では、データ更新順序も1更新単位で保障できるとしている。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...