ハイエンド製品の機能を一部搭載

日立がミッドレンジストレージ強化、外部機器の仮想化も

2012/09/26

 日立は9月26日、同社のミッドレンジストレージシリーズ「Hitachi Unified Storage」で、ソフトウェア機能を強化した上位製品「Hitachi Unified Storage VM」を販売開始したと発表した。

 日立はミッドレンジのストレージ製品群をユニファイドストレージ化し(すなわちSANストレージとしてもNASとしても利用可能)、「Hitachi Unified Storage」シリーズとして提供している。一方ハイエンドストレージは「Hitachi Virtual Storage Platform」というシリーズ名で販売している。

hitachi01.jpg 新たな日立ストレージ製品群のラインナップ

 今回発表のUnified Storage VMは、ミッドレンジシリーズの最上位製品となる。ハードウェアは従来より提供している「Hitach Unified Storage 100シリーズ」を用いているが、従来ハイエンドストレージでのみ提供していた2つの機能を搭載したという。

 その2つとは外部ストレージ機器の仮想化機能と、リモートコピー機能。外部ストレージ機器の仮想化では、最大64PBをまとめ上げられ、これは業界最大容量という。リモートコピー機能では、データ更新順序も1更新単位で保障できるとしている。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。