Webブラウザ

ウェブブラウザ / ブラウザ

 World Wide Web(WWW)上で、HTMLによって作成されたWebページを表示するためのソフトウェア。代表的なものとして、Internet Explorer、Netscape Navigator、Mozilla、FireFox、Operaなどがある。

 Webブラウザは、指定されたURI(Uniform Resource Identifier)が示すWebサーバへアクセスし、HTTPなどの通信プロトコルに従って情報を送信または取得、その結果をHTMLなどの記述仕様に沿って解析、表示する。最近では、インタラクティブ性を追求し、動的なコンテンツを再現するスクリプトエンジンのJavaScriptや、Adobe Flashなどのプラグインで機能拡張が行われている。

 また、動的にページの一部を書き換えることができるJavaScriptの機能を活用したAjaxの登場により、Webページを閲覧するだけのためではなく、業務アプリケーションのクライアントツールとしての役割も果たすようになっている。現在、多くの業務アプリケーションがWeb対応になっているのは、こうした流れの一環でもある。

 世界初のWebブラウザは、1993年に米国立スーパーコンピュータ応用研究所(NCSA)が発表した「Mosaic」だ。その後、NCSAの元研究員であるマーク・アンドレッセンが元SGIのジム・クラークと共にMosaic Communicationsを設立してNetscape Navigatorを開発、無償公開したことをきっかけにインターネットは爆発的に普及する。マイクロソフトのInternet Explorerは、Mosaicのライセンスを受けて開発されたものだ。

関連記事

ブラウザ(ITmedia Keywords)

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
  • シスコのSD-WANが、分かりにくいのはなぜか (2017/2/27)
     シスコシステムズは、SD-WANに対してどのようなスタンスをとっているのか。結論から言えば、同社の既存技術の適用形態としてSD-WANを捉えており、一方で即座に活用できるソリューションを求める人々には、「Cisco Meraki」を推進するということになる
  • ネットワークの疎通を確認するには?〜ping/traceroute〜 (2017/1/30)
     マシンのネットワーク設定を行い、外部のネットワークやサーバとつながるかどうかを確認する際には、実際にネットワーク・アプリケーションを使う前に、「ping」「traceroute(tracert)」などのコマンドを用いる方法が有効だ
  • ping 〜ネットワークの疎通を確認する (2017/1/23)
     pingは、ネットワーク疎通を確認したいホストに対してIPパケットを発行し、そのパケットが正しく届いて返答が行われるかを確認するためのコマンドだ
  • SDNで物理ネットワークのテストを楽にする方法 (2017/1/18)
     ネットワーク運用をSDNによっていかに“楽に”できるかを考える本連載。最終回となる今回は、物理ネットワークにSDNを適用し、テストなどに掛かる負荷を低減する方法について解説します
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH