MXML

エム・エックス・エム・エル / Macromedia Flex Markup Language

 アドビシステムズ社が提供するFlexアプリケーションのユーザーインターフェイスを定義するためのXMLベースの独自言語。MXML上で記述されるタグは、ある機能を持つ単位であるコンポーネントで、タグの属性は各コンポーネントのプロパティとして定義される。

 コンポーネントには、フォームのテキスト入力のような比較的単純なものからツリーなどの複雑な「ビジュアルコンポーネント」まで用意されるほか、Webサービス通信やアニメーションエフェクトなどのビジュアル要素のないコンポーネントも用意される。

 「ビジュアルコンポーネント」は、各コンポーネントが提供する機能によって、「コントロール」と「コンテナ」に分類される。「コントロール」は、UI用のコンポーネントで、データを表示・編集することが可能。「コンテナ」は子コンポーネントのレイアウトを制御するコンポーネントで、単にレイアウトを制御するコンポーネントである「レイアウトコンテナ」や、複数のコンテナを子に定義することで画面遷移を制御できる「ナビゲータコンテナ」がある。

 「カスタムコンポーネント」と呼ばれる独自のコンポーネントを用意して、別のMXMLから使用することも可能。

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH