連載
» 2010年03月26日 00時00分 UPDATE

Tech TIPS:エクスプローラのメニュー・バーを常に表示させる

Windows Vista以降のOSでは、デフォルトでエクスプローラのメニュー・バーが表示されず、[Alt]キーを押したときだけ現れる。Windows Server 2003以前のOSに慣れている場合、メニュー・バーが表示されないと使いにくく感じることがある。エクスプローラの設定を変更すれば、常時メニュー・バーを表示できる。これはグループ・ポリシーでも設定可能だ。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「Windows TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows Vista/Windows Server 2008/Windows 7/Windows Server 2008 R2


解説

 Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003でエクスプローラを開くと、画面上部に[ファイル]、[編集]、[表示]、……といったメニュー一覧(メニュー・バー)が表示される。これらのWindows OSの場合、エクスプローラを含むほとんどの標準ユーティリティ/アプリケーションでこのメニュー・バーが表示されるため、それが存在していて当然と感じているユーザーも多いだろう。

Windows XPのエクスプローラ Windows XPのエクスプローラ
メニュー・バー(赤線枠内)は常時表示されており、隠すことはできない(位置は変更できる)。

 一方、Windows Vista/Windows Server 2008/Windows 7/Windows Server 2008 R2では、デフォルトでエクスプローラのメニュー・バーが表示されない。

Windows 7のエクスプローラ Windows 7のエクスプローラ
赤線枠内に[整理]、[プロパティ]あるいは[新しいライブラリ]といったメニューが表示されている。しかし、前述のWindows XPの画面にある[ファイル]や[編集]、[表示]……という見慣れたメニューが見当たらない。

 そのため、Windows Server 2003以前のUIに慣れていると、例えばフォルダ表示の設定を変更するために[ツール]メニューを探しても見つからずに戸惑うことがある。

 [Alt]キーを押せば一時的にメニュー・バーは現れるものの、メニューを操作したり何かキーを押したりすると再び隠れてしまう。

[Alt]キーを押したときに表示されるメニュー・バー [Alt]キーを押したときに表示されるメニュー・バー
  (1)前述のWindows XPの画面と同様のメニュー・バーが利用できる。しかし、一時的に表示されるだけなので、メニューを操作したり、何か別のキーを押したりすると再び隠れてしまう。

 エクスプローラの設定を変更すれば、Windows Vista以降のWindows OSでもメニュー・バーの常時表示が可能だ。また、この設定はグループ・ポリシーでも制御可能なため、複数のPCに対して一律にメニュー・バーの常時表示を設定できる。

操作方法

●メニュー・バーの常時表示をエクスプローラで設定する

 エクスプローラを直接操作してメニュー・バーを常時表示させるには、エクスプローラの左上部から[整理]−[レイアウト]−[メニュー バー]をクリックしてチェックをオンにする。もし[メニュー バー]が見つからない場合は、後述のグループ・ポリシーによって設定済みの可能性があるので、ポリシー設定を確認すること(設定個所はこのすぐ後で説明する)。

エクスプローラにおけるメニュー・バーの常時表示の設定 エクスプローラにおけるメニュー・バーの常時表示の設定
これはWindows 7の例だが、ほかのWindows Vista以降のOSでも設定手順は変わらない。
  (1)[整理]メニューをクリックする。
  (2)[レイアウト]に続いてこれをクリックして、チェックをオンにする。

 すると、[ファイル]メニューから始まるメニュー・バーが現れる。

メニュー・バーが表示されたエクスプローラ メニュー・バーが表示されたエクスプローラ
上記の手順で[メニュー バー]のチェックをオンにした直後の画面。
  (1)常時表示されるようになったメニュー・バー。

 常時表示を止めるには、再び[整理]−[レイアウト]−[メニュー バー]をクリックしてチェックをオフにする。

 なお、メニュー・バーさえ表示できれば、[ツール]−[オプション]−[表示]タブ−[詳細設定]−[常にメニューを表示する]チェックボックスでも、メニュー・バーの常時表示は設定できる。

●メニュー・バーの常時表示をグループ・ポリシーで設定する

 グループ・ポリシーを利用すると、複数のPCに対して一律にメニュー・バーの常時表示を設定できる。ポリシーの設定個所は次のとおり:

  • [ユーザーの構成]−[ポリシー]−[管理用テンプレート]−[Windows コンポーネント]−[エクスプローラー]−[エクスプローラーのメニュー バーを表示する]
    gpedit.mscを直接起動したときは、[ポリシー]をスキップすること

 [エクスプローラーのメニュー バーを表示する]ポリシーを見つけたら、ダブルクリックしてプロパティを開く。

グループ・ポリシー・エディタにおけるメニュー・バーの常時表示の設定個所 グループ・ポリシー・エディタにおけるメニュー・バーの常時表示の設定個所
これはWindows Server 2008 R2の「グループ ポリシーの管理」から起動したグループ・ポリシー・エディタの例。エクスプローラのメニュー・バーの常時表示は、ユーザーごとに設定を変更できる。
  (1)[ユーザーの構成]からツリーを展開する。
  (2)[ポリシー]−[管理用テンプレート]−[Windows コンポーネント]に続いて、これを選択する。
  (3)これをダブルクリックしてプロパティを開く。→[A]

 次のようにプロパティが表示されたら、[有効]ラジオボタンを選んで[OK]ボタンをクリックする。

[A]

「エクスプローラーのメニュー バーを表示する」ポリシーの設定 「エクスプローラーのメニュー バーを表示する」ポリシーの設定
メニュー・バーを常時表示するには、(1)の[有効]をオンにする。
 (1)これをオンにすると、メニュー・バーが常時表示されるようになる。
 (2)これをオンにすると、通常時にメニュー・バーは表示されず、[Alt]キーを押したときだけ表示されるようになる。
 (3)これをクリックすると、このポリシー設定の変更が完了する。

 あとは、このグループ・ポリシーを対象コンピュータに適用すれば、設定は完了だ。

 メニュー・バーの常時表示を止めるには、上記のプロパティ画面で[無効]を選ぶ。エクスプローラでの直接設定に委ねる場合はデフォルトの[未構成]に戻せばよい。

「Windows TIPS」のインデックス

Windows TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。