db2 on Rails
DB2でさくさく実現するRESTfulなDBアプリ(2)

Railsでレガシーデータを蘇えらせるテクニック

日本アイ・ビー・エム株式会社
Team Ruby
山根 英彦
2008/10/30
過去に作成したデータベースを再利用する場合でも、Railsベースのアプリケーションなら、効率よく連携できます。本稿では、その際に注意すべきポイントを踏まえつつ具体的な手順を説明します。この方法なら、古いアプリケーションでも比較的簡単に置き換えられ、将来的にはデータのマッシュアップなどのニーズにも応えやすくなります。

既存の表にActiveRecordを使うには?

 前回は、DB2とRuby on Rails、そしてActiveScaffoldを使うための環境準備を行い、それらを使って簡単なテーブル保守アプリケーションを作成しました。

 このとき、アプリケーションからアクセスする表そのもののデータベース側への作成は、モデルの作成時に生成されたスクリプトに対してmigrateを実行して行いました。

 Railsのmigrateによる表管理は簡単ですが、既存の表(レガシー表)に対してActiveRecordを用いたいといった要望も考えられます。そこで今回は、Railsからレガシー表にアクセスする方法を紹介します。

ActiveRecordを使ったマッピング

 ActiveRecordはデータベースからデータを読み出す際のアプローチの1つです。具体的にどのようなものか、以下で見ていきましょう。

ActiveRecordが備える機能

 オブジェクトのインスタンスが表の1行に対応し、オブジェクトは表にアクセスするためのインターフェイスを備えています。

 Railsでは、このアプローチに沿ったO/Rマッピングの仕組みであるActiveRecordを持っています。Active Recordという言葉そのものはO/Rマッピング全般での上記のようなしくみを指しますが、本稿では、特に断りなく、ActiveRecordと記した場合はRailsで実装されているActiveRecord機能を指すこととします。

 ActiveRecordでは、Rubyのクラスをデータベースの表にマッピングし、クラスのメソッドを使用して表にアクセスします。例えば、主キー列としてid列、name列を持ったusers表をUserクラスにマッピングした場合、書式1〜3のようなメソッドで表にアクセスできます。

書式1 ActiveRecordによるマッピングの例
user = User.find(1)      データベースのusers表のId=1の行を検索 
user.name = 'suzuki'     Userオブジェクトの変数を変更 
user.save                データベースのusers表のId=1の行のnameを
                         'suzuki'に更新 

 次のように条件を付けて検索することも可能です(書式2)。

書式2 ActiveRecordによるマッピングの例
user = User.find(:all, :conditions => "name = 'suzuki'")

 さらに簡単に書くことも可能です(書式2)。

書式3 ActiveRecordによるマッピングの例
user = User.find_all_by_name("suzuki")

ActiveRecordで表を作成する

 ActiveRecordは表へのアクセスだけでなく、表の作成も行えます。前回、rake db:migrate を実行する際に使用したスクリプトの中身をサンプル1に示します。

●サンプル1 db\migrate\001_create_users.rb
class CreateUsers < ActiveRecord::Migration
  def self.up
    create_table :users do |t|
      t.string :name
      t.string :email
      t.date :hire_date

      t.timestamps
    end
  end

  def self.down
    drop_table :users
  end
  end

DB2での主キーの扱い

 サンプル1では、ActiveRecord::Migrationを継承したCreateUsersクラスでusers表を作成しています。

 このスクリプトには主キー列の定義が見当たりません。しかし、データベースに作成されたusers表には主キー列としてid列が作成されています。このid列はDB2ではINTEGERのID生成列として定義されており、行の挿入時にユニークな整数値がid列に追加されていきます。

 以下、ID生成列と表記した際はDB2が整数値を生成する機能を指すとします。ActiveRecordでは、表のアクセスに主キー列が必要となります。デフォルトでは、この主キー列は「id」という名前の列です。

 次からは、レガシー表をActiveRecordにマッピングする方法を見ていきます。主キー列をいかに扱うかが鍵となります。今回は特に、以下のケースについてご紹介します。

  • ケース1:レガシー表の主キー列がINTEGER型やBIGINT型の場合
    主キー列にID生成列の定義を追加します。主キー列や表名が異なる場合は、ビューを用いたり、モデルのオプションで表名や列名を指定します
  • ケース2:レガシー表の主キー列がSMALLINT型の場合
    ビューを使用して主キー列をINTEGER型にキャストします
  • ケース3:レガシー表の主キー列が文字列型または存在しない場合
    ID生成列である主キー列を持つ表を作成し、データを移動します

 上記のうち、ケース3の方法を使用すればどんなレガシー表に対しても対応が可能です。しかし、表の再作成とデータの移動が不可能なケースも考えられます。

 そこで、今回は12のようになるべく既存のデータに手を加えずに実現する方法から見ていきます。

 ちなみに、3については、表の再作成以外にも、トリガの設定で追加したid列のユニークな値を生成するなど、場合によっては採用可能なさまざまな手法が考えられますが、今回は最もシンプルな方法のみを示します。

  1/4 次のページへ

Index
DB2でさくさく実現するRESTfulなDBアプリ(2)
Railsでレガシーデータを蘇えらせるテクニック
→ Page 1
・既存の表にActiveRecordを使うには?
・ActiveRecordを使ったマッピング
  ActiveRecordが備える機能|ActiveRecordで表を作成する|DB2での主キーの扱い
ケース1:
レガシー表に主キー列に相当するINTEGER型やBIGINT型の列が存在する場合
レガシー表の内容を確認|主キー列をID生成列に変更する|主キー列と表の名前をRails規約に一致させる2つの方法
ケース2:
レガシー表に主キー列に相当する列が存在するがMALLINT型の場合
ケース3:
レガシー表に主キー列に相当する列が存在しない、もしくは存在してもCHAR型やVARCHAR型の場合
コラム:読み込み専用の表としてアクセスさせたい場合
・レガシー表へのRESTfulなアクセス
・まとめ

DB2でさくさく実現するRESTfulなDBアプリ


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Database Expert 記事ランキング

本日月間
ソリューションFLASH