.NET TIPS

[ASP.NET]チャート・コントロールを使うには?(環境設定)[3.5、C#、VB]

山田 祥寛
2009/05/21

 チャート・コントロールは、名前のとおり、円グラフや棒グラフなどのチャート画像を生成するためのサーバ・コントロールだ。

 従来、.NET Frameworkではチャート画像を生成するための標準的なライブラリやコントロールは提供されていなかった。そのため、チャート生成にはサードベンダ製品に頼る必要があったわけだが、2008年9月に登場したチャート・コントロールによって、こうした選択の手間は不要になる。チャート・コントロールを利用することで、ようやく標準的な環境でチャートを生成できるようになったのだ。

  現時点で、チャート・コントロールが対応している主なチャートの種類は、次のとおりである(多くのチャートは3D表示にも対応)。

  • 棒グラフ(積み上げ棒グラフを含む)
  • 折れ線グラフ(階段グラフ、曲線グラフを含む)
  • 円グラフ&ドーナツ・グラフ
  • レーダー・チャート
  • バブル・チャート
  • 散布図
  • 株価チャート/ロウソク・グラフ
  • 領域グラフ
  • 漏斗グラフ/ピラミッド・グラフ

 また、チャート・コントロールはWindowsフォーム、Webフォーム双方に対応しており、いずれの環境もよく似た手順でチャートを生成できるのも、うれしいポイントだ(ただし、本稿ではASP.NET環境を前提に手順を解説する)。

●チャート・コントロールを利用するための準備

 上述したようにチャート・コントロールは2008年9月にリリースされた新しいコントロールであるため、.NET Framework 3.5 SP1には標準では組み込まれていない。

 チャート・コントロールを利用するには、.NET Framework 3.5 SP1のインストールに加えて、チャート・コントロールの動作/開発に必要ないくつかのライブラリをインストールする必要がある。

1. チャート・コントロールをインストールする

 チャート・コントロール本体は、以下のページからインストールできる。

 このMicrosoft Chart Controls for Microsoft .NET Framework 3.5は、ASP.NET、Windowsフォームで動作するチャート・コントロールのアセンブリを含むもので、チャート・コントロールを動作させる場合に最低限必要となるライブラリである。

 ダウンロードしたMSChart.exeをダブルクリックするとインストーラが起動するので、あとはウィザードの指示に従って進めていけば、インストールは完了だ。

2. チャート・コントロールの言語パックをインストールする

 次に、チャート・コントロール対応の言語パックをインストールする。言語パックは、チャート・コントロールのプロパティ・ウィンドウでの表記やその他のメッセージを日本語化するためのパッケージだ。

 ダウンロードしたMSChartLP_jpn.exeをダブルクリックするとインストーラが起動するので、そのままウィザードの指示に従って進めていけば、インストールは完了する。

3. Visual Studio 2008用のアドオンをインストールする

 チャート・コントロールをツールボックスに登録し、フォーム・デザイナ上でチャート・コントロールを利用するためのVisual Studio 2008用アドオンも公開されている。

 もちろん、チャート・コントロールを動作させるだけであれば、最低限、上記1、2の手順を済ませるだけでも構わないが、Visual Studio 2008を利用しているならば(ほとんどの読者が該当すると思うが)、以下のアドオンをインストールしておくことをお勧めする。

 ダウンロードしたMSChart_VisualStudioAddOn.exeをダブルクリックすると、インストーラが起動するので、こちらもそのままウィザードの指示に従って進めていけばよい。

 アドオンのインストールに成功したら、Visual Studioで適当な.aspxファイルを開いてみよう。ツールボックスの[Data]タブにChartコントロールが追加されていることが確認できるはずだ。

Visual Studio 2008に追加されたチャート・コントロール

4. サンプル・アプリケーションをダウンロードする

 後日、.NET TIPSでも随時紹介していきたいと思うが、チャート・コントロールは実に多機能なコントロールだ。なかなか一度にすべてを把握するのは難しい。

 どこから手を付けてよいのか分からないという方は、まずは、サンプル・アプリケーションを入手してみるとよいだろう。サンプル・アプリケーションは、以下のページからダウンロードできる。「ASP.NET Samples」というリンクをクリックしてほしい。

 ダウンロードしたWebSamples.zipを解凍すると「WebSamples」というフォルダができるので、適当なフォルダにコピーしたうえで、Visual Studioから開いてみよう。Default.aspxをASP.NET開発サーバで実行すると、以下のようなページが開く。

チャート・コントロールのサンプル・アプリケーション

 サンプル・アプリケーションは、単にサンプル集というだけでなく、オーバービューから導入のためのチュートリアルも含まれているので、特に「Getting Started」は軽く一読しておくと全体像の把握に役立つだろう。あとは「Chart Types」の配下から自分の作成したいチャートを選んで、具体的なコードと実行結果を確認していくとよい。

 なお、チャート・コントロールに含まれる各種APIについては、Microsoft Chart Controls for .NET Framework Documentationから.chm形式のドキュメントもダウンロードできる。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 3.5
カテゴリ:Webフォーム 処理対象:Chartコントロール
使用ライブラリ:Chartコントロール

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
[ASP.NET]チャート・コントロールで棒グラフを作るには?
[ASP.NET]チャート・コントロールでレーダー・チャートを作るには?
[ASP.NET]チャート・コントロールで株価グラフを作るには?
[ASP.NET]チャート・コントロールでレンジ・チャートを作成するには?
[ASP.NET]チャート・コントロールで折れ線グラフを作るには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • Visual Studio 2017が目指す世界とは? (2017/3/24)
     Visual Studio 2017はもはやWindowsアプリ開発者のためだけのものではない。どんなアプリを開発できるのかを見てみよう
  • foreachループで現在の繰り返し回数を使うには? (2017/3/23)
     LINQのSelect拡張メソッドを使用して、foreachループの中で現在が何回目の繰り返しなのか、そのインデックスを得る方法を紹介する(C# 7/VB 15対応)
  • Listの要素を並べ替えるには? (2017/3/22)
     LINQのOrderBy/ThenByなどの拡張メソッドとListクラスのSortメソッドを利用して、Listの要素を並べ替える方法を解説する
  • .NET Portability Analyzer (2017/3/21)
     .NET Portability Analyzerは、さまざまなプラットフォームをまたいだ.NETプログラムの移植性をチェックするためのツール
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH