特集:Visual Studio 2008 SP1新機能解説(1)

DBアプリをコーディングレスで構築する「ASP.NET Dynamic Data」

山田 祥寛(http://www.wings.msn.to/
2008/09/19
Page1 Page2 Page3 Page4

 本特集は、2008年8月にリリースされたVisual Studio 2008/.NET Framework 3.5のService Pack 1(以降、SP1)で提供されているデータベース/ASP.NET関連の新機能を数回にわたって紹介するものである。

 別稿「Visual Studio 2008 SP1概説」でも触れられているように、今回のSP1は単なるバグフィックスやパフォーマンス改善にとどまらない重要な新機能がいくつも追加となっている。追加/変更のポイントについては別稿も併せてご覧いただきたいが、その中でも本特集で扱う以下の3つの機能は、規模の大きさ、また、利用頻度といった観点からも特に注目に値するものと思われる。

  • ASP.NET Dynamic Data(ASP.NET動的データ)
  • ADO.NET Entity Framework(ADO.NETエンティティ・フレームワーク)
  • ADO.NET Data Service(ADO.NETデータ・サービス)

 そして、第1弾となる今回は、まずASP.NET Dynamic Data(以降、Dynamic Data)について解説する。このDynamic Dataは、リレーショナル・データベースをモデリングしたモデル・クラス(データ・モデル)を基に、CRUD(Create/Read/Update/Delete)機能を持ったアプリケーションを自動生成する機能だ。データ・モデルとしては、LINQ to SQL、または上記でも挙げたADO.NET Entity Framework*1を利用できる。

*1 Entity Frameworkはアプリケーションからデータの構造を分離するための技術。Entity Data Model(エンティティ・データ・モデル)を含めて、Entity Frameworkに関する詳細については、次回「ADO.NET Entity Framework編」にて解説の予定だ。


図1 ASP.NET Dynamic Dataによって自動生成されたアプリケーションの例
データベースに対する参照/新規登録/更新/削除機能を持ったアプリケーションが、Dynamic Data機能を利用することで限りなくコーディングレスで自動生成できる。

 Dynamic Dataアプリケーションの開発で最低限必要となるのは、表示/操作の対象となるデータベース(テーブル)を表すデータ・モデルだけだ。Dynamic Dataでは、与えられたデータ・モデルから必要なページ要素を類推し、あらかじめ用意されたテンプレートに基づいて表示を行う。

 必要なページ要素やテンプレートはもちろん、表示/操作に伴う基本的な機能(例えば入力時の検証機能やテーブル間の関連付けなど)はすべて、Dynamic Dataがデフォルトで提供しているので、開発者はこれら定型的な部分のコーディングを意識することなく、アプリケーションを構築することができるわけだ。


図2 ASP.NET Dynamic Dataとは?
表示/操作の対象となるデータベース(テーブル)を表すデータ・モデルさえ用意すれば、CRUD(Create/Read/Update/Delete)機能を持ったWebアプリケーションを自動生成できる。

 もちろん、定型的な機能を生成するだけではない。ページ要素やテンプレートは編集可能で、Dynamic Dataで生成されたアプリケーションを基に、必要に応じてデータの表示方法や挙動などを柔軟にカスタマイズすることも可能だ(これについては、本稿後半で扱う)。

 連載「Visual Studio 2005でいってみよう DBプログラミング」でも述べているように、もともとASP.NETにはデータベース連携アプリケーションを限りなく少ないコーディングで構築できるという特長があるが、Dynamic Data機能はこうしたASP.NETの特長をさらに一歩推し進めたものであるといえるだろう。

Dynamic Dataアプリケーションの基本

 ここからは、具体的なDynamic Dataアプリケーションを作成する手順を紹介しながら、Dynamic Dataの機能を解説していく。

 繰り返しであるが、Dynamic Dataによるアプリケーション構築の手順は実にシンプルである。恐らく基本的な手順をなぞるだけであれば、ものの3分もあれば、それなりに見栄えのあるアプリケーションを構築できてしまうはずだ。ここでは、Dynamic Dataアプリケーション構築の基本的な手順を理解するとともに、こうしたDynamic Data機能の威力を実感してみていただきたい。

 なお、以降のサンプルを動作させるには、あらかじめデータベース上に、以下のようなBooksテーブル(書籍情報)とPubsテーブル(出版社情報)を用意しておく必要がある。

フィールド名 データ型 概要
isbn CHAR(17) ISBNコード(主キー)
title VARCHAR(100) 書名
price SMALLMONEY 価格
p_id CHAR(4) 出版社コード(外部キー)
published DATE 刊行年月日
cd BIT CD-ROMの有無
memo VARCHAR(MAX) 概要
Booksテーブルのフィールド・レイアウト

フィールド名 データ型 概要
p_id CHAR(4) 出版社コード(主キー)
name VARCHAR(25) 出版社名
name_kana VARCHAR(50) 出版社名(カナ)
Pubsテーブルのフィールド・レイアウト

[1]新規のWebサイトを作成する

 最初に、Dynamic Dataアプリケーションを動作させるためのWebサイトを作成しておこう。Dynamic Dataアプリケーションは、通常のASP.NET Webサイト上に構築することも可能ではあるが、その場合は、Web.configやGlobal.asaxをはじめ、必要な設定やテンプレートファイルの配置を手動で行う必要がある。

 新規のアプリケーションを構築する場合には、あらかじめ用意されているDynamic Data対応のプロジェクト・テンプレートを利用するのが好ましい。

 Visual Studio 2008(以降、VS 2008)のメニューバーから[ファイル]−[新規作成]−[Webサイト]を選択すると、図3のような[新しいWebサイト]ダイアログが表示されるはずだ。ここでは使用するテンプレートとして「Dynamic Dataエンティティ Webサイト」を選択しておこう。


図3 [新しいWebサイト]ダイアログ
「Dynamic Dataエンティティ Webサイト」を選択する。

 ソリューション・エクスプローラを見ると、以下の図4のようなフォルダ/ファイルが作成されているのを確認できるはずだ。


図4 Dynamic Dataとして自動生成されたファイル(ソリューション・エクスプローラの内容)

 各サイトルートにあるフォルダ/ファイルの役割は次のようになっている。

項目 役割
DynamicData データ表示のためのページやユーザー・コントロールなどを含む
Default.aspx 登録済みのテーブルを一覧表示するページ(トップページ)
Global.asax グローバル・アプリケーション・ファイル(モデル・クラスの登録やページの表示モードを定義)
Site.css アプリケーションに適用されるデフォルトのスタイルシート
Site.master アプリケーション全体に適用されるマスター・ページ
web.config アプリケーション構成ファイル
Dynamic DataエンティティWebサイトの初期状態

 Dynamic Dataアプリケーションの中核的な役割を占めるのは、DynamicDataフォルダである。以下の表に、DynamicDataフォルダ配下のサブフォルダについて、概要をまとめておく。

サブフォルダ名 内容
Content ページャやフィルタ機能を提供するユーザー・コントロール、ページャ表示時に使用する画像ファイル(Imagesフォルダ)
PagesTemplates ページ表示時に使用する共通テンプレート

ファイル名 概要
List.aspx テーブルの内容を一覧表示するページ
Details.aspx 行選択時に選択行を明細表示する単票フォーム
Edit.aspx データ編集用の単票フォーム
Insert.aspx 新規データ挿入用の単票フォーム
ListDetails.aspx 画面上部にはテーブルの内容を一覧表示、画面下部には選択(編集)行を明細表示(デフォルトでは無効)
FieldTemplates データ・モデルから取得した型に応じて、適切な形式でデータを表示するためのユーザー・コントロール群(内容に関する詳細は後述)
CustomPages 標準テンプレートを上書きする場合に、独自テンプレートを格納(デフォルトでは空)
DynamicDataフォルダに含まれるサブフォルダの内容

 これらフォルダ/ファイルについては、いまの時点ではまだ意識する必要はないが、今後、アプリケーションをカスタマイズするうえでは無視することはできないものだ。現時点で完全に理解する必要は(もちろん)ないが、まずは大まかなフォルダ構造程度は理解しておくと後々に役立つだろう。

[注意]使用すべきプロジェクト・テンプレートの選択

 冒頭で述べたように、Dynamic Dataではデータ・モデルとしてEntity Data Model(ADO.NET Entity Framework)とLINQ to SQLを利用できる。そして、採用するデータ・モデルによって、使用すべきプロジェクト・テンプレートも異なってくるので、注意されたい。

 本稿ではEntity Data Modelを利用しているが、LINQ to SQLを利用する場合には(「Dynamic Data エンティティWebサイト」テンプレートではなく)「Dynamic Data Webサイト」テンプレートを使用する必要がある。

 ちなみに、「Dynamic Data Webサイト」テンプレートを利用した場合にも、設定値がやや異なるだけで、アプリケーション開発の手順はほとんど同様である。「Dynamic Data Webサイト」テンプレートを利用した場合の開発の手順については、「チュートリアル : スキャフォールディングを使用した新しい Dynamic Data Web サイトの作成」も参考にされたい。



 INDEX
  Visual Studio 2008 SP1新機能解説(1)
  DBアプリをコーディングレスで構築する「ASP.NET Dynamic Data」
  1.Dynamic Dataアプリケーションの基本
    2.データ・モデルの作成/Global.asaxの編集
    3.メタデータ編集によるDynamic Dataアプリケーションのカスタマイズ
    4.自作ユーザー・コントロールの利用/ページ・テンプレートのカスタマイズ
 
  Visual Studio 2008 SP1新機能解説(2)
  .NETの新データアクセス・テクノロジ「ADO.NET Entity Framework」
    1.ADO.NET Entity Framework概要
    2.Entity Data Model(EDM)の作成と利用
    3.EDMに対するクエリの利用方法(Entity SQL)
    4.EDMに対するクエリの利用方法(Object Services/LINQ to Entities)
 
  Visual Studio 2008 SP1新機能解説(3)
  RESTスタイルのWebサービスを手軽に公開する「ADO.NET Data Services」
    1.ADO.NET Data Services概要/対応するクライアント
    2.サンプル − ADO.NET Data Servicesの公開
    3.ASP.NET AJAX環境のデータを取得/追加する

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • Microsoft Small Basic (2017/4/25)
     Microsoft Small Basicは学習を目的としてマイクロソフトが提供しているBASICの処理系。シンプルな言語仕様、習得が容易、簡潔な記述がその特徴
  • 第2回 Visual Studio 2017の基礎を知る (2017/4/21)
     開発環境Visual Studio 2017を使ったプログラミングに不可欠な知識とは? ソリューションの概念から画面構成まで基礎を説明
  • XmlSerializerでシリアライズ/デシリアライズする (2017/4/19)
     XmlSerializerクラスでシリアライズ/デシリアライズを行うと、デシリアライズに失敗することがある。その回避策を含め、XmlSerializerクラスの使い方を説明する
  • 二分探索 (2017/4/18)
     二分探索は、ソート済みのデータ列の中から特定の要素を探索するアルゴリズム。全ての要素を順に検索する線形探索よりも高速に探索を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH