―BEA WebLogic Server編―

清水徳雄
日本BEAシステムズ
プロフェッショナル・サービス
2001/3/30
Javaプログラミング
ワンポイントレクチャーについて

   WebLogic Serverのセッション管理(基礎編)

今回の内容
1.WebLogic Serverでのsession idの維持方法
2.
session id関係のweblogic.properties
3.URL rewritingの使い方

 「BEA WebLogic Server編」は、日本BEAプロフェッショナル・サービスのコンサルタントが持ち回りで執筆し、BEA WebLogic Server(以下WebLogic Server)のコンフィグレーションやJ2EEアプリケーション構築のTIPSを紹介していきます。

 第1回目は WebLogic Serverにおけるセッション(HttpSession)の扱いについて解説したいと思います。

 本稿におけるコーディングは、すべてJSPを前提に記述しています。また、WebLogic Server 6.0になって変更されている点については脚注の形で補足させていただきます。なお、本稿ではセッションとは何かといった説明や、セッションを扱うための基礎的なプログラミングの解説は割愛させていただきますのでご了承ください。

 1.WebLogic Serverでのsession idの維持方法

 セッションとブラウザ(クライアント)との関連づけはsession idによって行われます。セッションに関与しているブラウザから来るリクエストには、何らかの方法でsession idが付いてきます。アプリケーションサーバは、この id からクライアントに関連づいたセッション・オブジェクト (HttpSession) を特定し、ServletやJSPへセッション・オブジェクトを供給します。ServletやJSPのAPIを通してセッションを扱う場合、session idの発行やセッション・オブジェクトの維持・管理はJ2EEのフレームワーク(を実装したアプリケーション・サーバ)が行ってくれます。

 WebLogic Serverでは、下記のいずれかの方法でsession idを維持します。

(1)cookieによるsession idの維持
 新しいセッションの最初のブラウザへのレスポンスと一緒に、そのセッションのidを保持するcookieが送り返されます。以降、ブラウザからのリクエストにはこのcookieが付随してきますので、サーバはsession idを知ることができるわけです。このcookieの生成・維持はサーバによって自動的に行われます。

(2)URL rewriting によるsession idの維持
 cookieが使えない環境(例えば携帯電話向けのコンテンツなど)では、cookieの代わりに URL rewritingと呼ばれる方法を使ってsession idを維持します。簡単にいえば、URLの後ろにリクエスト・パラメータの形でsession idを埋め込む方法です。URLにsession idを埋め込むのは、レスポンスを生成するプログラム(ServletやJSP)の責任となります。URL rewritingについての詳細は後述します。

 2.session id関係のweblogic.properties

 WebLogic Serverでは以下のプロパティでsession idに関する設定を変更することができます。() 内はデフォルト値です(http://www.beasys.co.jp/weblogic/docs/admindocs/
http.html#session
) (*1)

weblogic.httpd.session.cookies.enable (true)
cookieによるsession idの維持を行うか否かを指定します。falseにした場合はURL rewriting によってsession idを維持しなければなりません。

weblogic.httpd.session.cookie.name (WebLogicSession )

session id を格納するcookieの名前を指定します。デフォルトでは“WebLogicSession”(*2)という名前が使用されます。URL rewritingでは、この名前のパラメータにsession idを格納することになります。

weblogic.httpd.session.sessionIdLength (52)

session idの長さを指定します。デフォルトでは 52bytesですが 、10bytesまで短くすることができます。一部のツールやマニュアルでは最短8bytesと説明されていますが(現状は (*3))10bytesまでしか短くすることができません(*4)

 3.URL rewritingの使い方

 例えば、以下のURLへのアンカーを含むページをレスポンスとして返すとします。

<a href="/order/Submit.jsp">注文を確定</a>

 URL rewritingを使用する場合は、このURLを次のように動的に変更しなければなりません。

<a href="/order/Submit.jsp?WebLogicSession=
OmaIxZ228eN3gmewQSFaRUhnmQQRfmq27fWi6Q8qhdyI1hyDgU5G">注文を確定</a>

 この “WebLogicSession”がsession idをサーバに渡すためのリクエスト・パラメータの名前で、“=”以降の

OmaIxZ228eN3gmewQSFaRUhnmQQRfmq27fWi6Q8qhdyI1hyDgU5G

がsession idです。このように、URLを書き換えてsession idを埋め込むのでURL rewriting と呼ばれています ( http://www.beasys.co.jp/weblogic/docs/classdocs/
API_servlet.html#128997
)。

 URL rewritingは以下のようなコーディングをしておくと半自動的に行うことができます。

<a href="<%= response.encodeURL ("/order/Submit.jsp") %>">注文を確定</a>

 HttpServletResponse#encodeURL(String url) メソッドは、cookieが使えるか否かを自動的に判別し、使えない場合は与えられたURLの後ろにsession idを埋め込んで返してくれます。cookieが使えるか否かの判定ですが、これはsession idをcookieから取得したか否か(つまり、request.isRequestedSessionIdFromCookie () == trueであるか否か)で行いますので、セッション開始時の最初のレスポンスを生成する際には常にURLへのsession idの埋め込みが行われます。

 一般的には、上記のようなコーディングをすべてのURLについて行っておけば、cookieが使えないクライアントに対しても機能するアプリケーションを構築することができるわけです。ただし、URL rewritingを使用する場合はすべてのページを動的に生成する必要がある点に注意してください。セッションを維持する必要がある間は、ページの遷移の途中で静的なHTMLを挿入することはできないということです。この制限は、携帯電話向けの小規模なサイトではあまり問題にならないとは思います。

 携帯電話向けのコンテンツといえば、URL rewritingを使用せざるを得ないにもかかわらず、URL 長に制限が設けられている場合があります。form入力項目もリクエスト・パラメータで渡すことを考えると、URL はさらに長くなります。URL長の制限に触れそうな場合は、2.session id関係のweblogic.propertiesで説明したcookie.nameやsessionIdLengthのプロパティを短く設定することで回避することができます。

本稿に関するご質問やご意見は下記のメールアドレスまでお願いします。

info@atmarkit.co.jp

 今後の予定
WebLogic Serverのセッション管理(基礎編)
WebLogic Serverのセッション管理(応用編)
Web Applicationのデプロイメント

Web Application TIPS

Web Applicationのセキュリティ

JSPカスタム・タグ
EJB 2.0 のデプロイメント
WebLogic Server固有のEJB設定項目 (1)
WebLogic Server固有のEJB設定項目 (2)

Javaプログラミング・ワンポイントレクチャー INDEX




脚注:WebLogic Server 6.0 での変更点

(*1) weblogic.propertiesではサーバに共通の値しか設定できませんが、web applicationのデプロイメント・ディスクリプタを利用できれば、web applicationごとに異なる値を設定することができます。WebLogic Server 6.0 では、このようなセッション関係の設定はすべて weblogic.xml(WebLogic Server 固有の web application デプロイメント・ディスクリプタ) で行うよう変更されています(http://www.beasys.co.jp/
e-docs/wls60e/programming/weblogic_xml.html
)。

(*2) jsessionid というJ2EE準拠の名前に変更されています。

(*3) WebLogic Server は、数カ月に1度の割合でSP(サービス・パック)をリリースし、機能の追加やバグ・フィックスなどのマイナーバージョンアップを行います。また、Web上で公開しているマニュアル (http://www.beasys.co.jp/weblogic/docs/resources.html) も随時更新されています。ですから、そのうちSPで8bytesまで短くできるようになるかもしれませんし、マニュアルを更新して10bytesまでしか短くできないのが正式な仕様になるかもしれません。

(*4) マニュアルどおり、最短8bytesまで短くできます。

 


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Java Agile フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Java Agile 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH