Insider's Eye

Windows Vistaの技術革新を解く(1)

Michael Cherry
2005/12/08
Copyright (C) 2005, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc.


本記事は、(株)メディアセレクトが発行する月刊誌『Directions on Microsoft日本語版』2005年12月号p.12の「特集 Windows Vistaの技術革新を解く」を、許可を得て転載したものです。同誌に関する詳しい情報は、本記事の最後に掲載しています。

 7月にリリースされたWindows Vistaのベータ1と、9月開催のProfessional Developers Conference(PDC)2005で参加者に配布された同OSのテクノロジー・プレビュー版は、顧客とパートナーに次期Windowsクライアントの変更点と新機能の初期の姿を垣間見せている。2006年後半に予定されている正式リリースまでにVistaは大きく変貌するだろうが、顧客はいまからVistaの評価を始め、既存アプリケーションへの影響を検討するとともに、リリース時にVistaを導入するかどうかを判断していかなければならない。

Windows Vistaのゴールとは?

 Windows Vistaは、Windowsの現在主流のクライアント版であるWindows XP SP2の後継となる製品だ。Microsoftによると、Windows Vistaのビジョンは、「デジタルの世界にクリアな視界を開き、ユーザーが重要なポイントに焦点を定められるようにする」ことだ。Microsoftは、Vistaはこのビジョンに向けて以下を実現するとしている。

  • PCの新たなレベルの信頼性
  • 情報を整理し活用するための明確な方法
  • ユーザーとユーザー、コンピュータの間のシームレスな接続

 Vistaはこうした公式目標を達成するだけでなく、開発者向けの重要なOSコンポーネントを装備し、顧客にアップグレードの強力な理由を提供し、クライアントOSの最高峰としてのWindowsの地位を再び確立しなければならない。

■重要なOSコンポーネントの装備
 Windows Vistaは、各種の新しいOSコンポーネントが完全に統合される最初のバージョンのWindowsだ。これらのコンポーネントには.NET FrameworkのVer.2、Windows Communication Foundation(コード名:Indigo)、Windows Presentation Foundation(コード名:Avalon)、Windows Workflow Foundation(Windowsオーケストレーション・エンジンやWinOEと呼ばれていた)などがある。ユーザーがこれらのコンポーネントを直接操作するわけではないが、Microsoftはこうした要素技術をVistaに装備し、アプリケーションとともにこれらのコンポーネントを配布することを開発者に強いることなく、開発者がWindowsアプリケーションとWebサービスをより容易に作成できるようにしなければならない。ただし、こうした要素技術の大半はVistaでのみ提供されるわけではなく、これらのコンポーネントやその機能の一部は、メインストリーム・サポートが適用される従来バージョンのWindowsクライアントおよびサーバOSにも提供される(こうしたコンポーネントとそれらが利用可能になる既存プラットフォームについては、コラムの「Windowsの新機能と既存プラットフォームのサポート」と「Windowsの新APIと既存プラットフォームのサポート」を参照)。

■アップグレードの強力な理由の提示
 Vistaは顧客に、Windowsの従来バージョンからアップグレードする強力な理由を提供しなければならない。企業の多くのIT部門は、Windows XPはビジネス・ユーザーではなくコンシューマをターゲットにしているとの認識から、Windows XPの導入や同OSへのアップグレードを行わずに、Windows 2000やそのほかの旧バージョンのWindowsを使い続けるという決断を下した。また、Windows XPのセキュリティと信頼性がSP2で強化されたことで、Windows Vistaを待つまでもないという判断でWindows XPとSP2を導入した企業もある。Microsoftは、Windowsの旧バージョンをまだ使っている顧客や、Windows XP SP2に最近アップグレードした顧客に、「Vistaは、購入の際にハードウェア・アップグレード費用が併せて必要になる場合も含めて、購入コストと導入展開コストに見合った価値がある」と納得させなければならない。Windows 2000のメインストリーム・サポートがすでに終了していることは、Microsoftにとって好都合な材料だ。かなりのIT部門が、サポート・レベルが下がったOSを使うことに不安を感じているからだ。

■最も優れたOSとしての地位の復権
 Microsoftは、品質、機能ともに最も優れたOSとしてのWindowsの地位を取り戻そうとしている。目下のところAppleのMac OS XがそうしたOSの地位を占めているとの声があるからだ。

Windowsの新機能と既存プラットフォームのサポート
 Windows Vistaに搭載される新機能の一部は、ほかのプラットフォームでも利用できる。この表は、主要な新機能とともに、それらが現行のWindowsプラットフォーム向けに提供されるかどうかを示している。

主要な新機能 コード名 Windows XP SP2 Windows Server 2003 SP1
IE 7.0
*1
*1
ユーザー・アカウント保護(UAP) Least-privileged User Account(LUA)
×
×
Windows Graphics Foundation 2.0 DirectX 10
×
×
Vistaの主要な新機能
*1 Vista上で利用可能なIE 7.0のプロテクト・モードは利用できない。
 

Windowsの新APIと既存プラットフォームのサポート
 Windows Vistaに搭載される新しいAPIの一部は、ほかのプラットフォーム向けにも提供される。この表は、Vistaに搭載される主要なWindows API(WinFX API)とともに、Microsoftがそれらの提供を計画しているほかのプラットフォームの一部を示している。Microsoftは、WinFX APIはWindows XP SP2とWindows Server 2003 SP1でも利用できるようになるとしているが、既存プラットフォーム上では問題が生じる可能性もある。例えば、グラフィックス・カードのようなハードウェアが要件に対応していないなどの理由で、同APIの一部しか利用できない場合があるかもしれない。

WinFX API コード名 Windows XP SP2 Windows Server 2003 SP1 Mac OS X、Linux
Windows Communication Foundation(WCF) Indigo
*1
*1
×
Windows Presentation Foundation(WPF)*2 Avalon
*1
*1
*3
Windows Workflow Foundation(WWF) WinOE
*1
*1
×
XML Paper Specification Reader Metro
不明
Vistaの主要なWindows APIと既存プラットフォームのサポート
*1 WinFXランタイム・コンポーネントとして配布される。
*2 最大限に利用するには、対応グラフィックス・ハードウェアが必要。
*3 Windows Presentation Foundation/Everywhere(WPF/E)と呼ばれるサブセットとして配布される。
 
 

 INDEX
  Insider's Eye
  Windows Vistaの技術革新を解く(1)
    Windows Vistaの技術革新を解く(2)
    Windows Vistaの技術革新を解く(3)

 「Insider's Eye」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Windows 10のUIをWindows 7風にする (2017/6/28)
     Windows 10に移行したものの、UIに慣れない。そんな場合は、Windows 10のUIを慣れたWindows 7に合わせよう。設定やユーティリティーでどこまで近づけられるのか?
  • 第552話 怖い話 (2017/6/27)
     なにぃ、会社のトイレにお化けが出るって? あー、バカバカしい。ホラー映画の観過ぎじゃないの、まったく……
  • Azure SQL DBのインデックスやキャッシュを制御する (2017/6/26)
     Azure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュを制御するには、そのためのT-SQLを直接実行する。知っておくと便利なT-SQLを紹介する
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH