[運用]

社内サーバをクラウド・ストレージにバックアップする(後編)
―― クラウドの活用で実現する災害対策も兼ねたバックアップ ――

1.Gladinet Cloud ServerによるWindows Azureへのバックアップ

デジタルアドバンテージ 島田 広道
2012/04/19
Page1 Page2

PRリンク
@IT Special PR:「Azure実践活用虎の穴 〜クラウドで企業ネットワークはどう変わるのか? クラウド活用実践講座〜

 前編では、社内サーバのストレージに格納されているデータをクラウド・ストレージにバックアップするべく、その準備段階について説明した。ストレージとして利用するクラウド・サービス「Windows Azure」の課金方式や、申し込み(登録)と初期設定の手順、そして社内サーバからWindows Azureストレージにアクセスできるようにするツール「Gladinet Cloud Server」のインストール手順については、前編を参照していただきたい。今回の後編では、Gladinet Cloud ServerとWindows Azureとの接続や、バックアップ/復元の各手順を説明する。バックアップ対象はWindows Server 2008 R2ベースのファイル・サーバにて、公開しているネットワーク共有フォルダとする。これを定期的にバックアップし、サーバが全壊しても新規サーバ・マシンにデータを復元できるようにする。各作業のステップ数は決して多くはないので、システム管理者ならそれほど苦労せずに実行できるだろう。

Gladinet Cloud ServerからWindows Azureストレージを利用できるようにする

 Gladinet Cloud Serverのインストールが完了したので、次はWindows Azureストレージを接続してバックアップに利用できるようにする。それには、まず[スタート]メニューの[すべてのプログラム]−[Gladinet]−[Gladinet Cloud Server]−[Gladinet Management Console]をクリックして管理コンソールを起動する。その上部に並ぶアイコンから、[クラウドストレージをアタッチする]をクリックする。

Gladinet Cloud Serverの管理コンソール
Gladinet Cloud Serverの各種設定や監視には、この管理コンソールを使用する。
「Gladinet Cloud」を選ぶ。後述するバックアップの際は、別のメニューを選択してから操作することになる。
これを選ぶ。このタブは、クラウド・ストレージとの接続を管理するためのものだ。
これをクリックすると、クラウド・ストレージとの新規接続ウィザードが起動する。

 「仮想ディレクトリ設定」という名称でクラウド・ストレージとの接続ウィザードが起動したら、まず[ストレージサービス]にて「Windows Azure BLOBストレージ」を選ぶ。ちなみにBLOBとはBinary Large Objectの略で、BLOBストレージには文書や画像、動画などといった一般的なファイルを保存できる。また[仮想ディレクトリ (アカウント) 名: ]は特に理由がなければデフォルトのままでよい。これは、このクラウド・ストレージにデータを保存する際のルート・ディレクトリとなる。

クラウド・ストレージの選択と仮想ディレクトリ名の設定
ここでいう仮想ディレクトリ名とは、これから接続するクラウド・ストレージにデータを保存する際のルートとなるディレクトリ名のことだ。
これをクリックして表示されるクラウド・ストレージ一覧から、「Windows Azure BLOBストレージ」を選ぶ。
デフォルトでこの名称が設定される。特に理由がなければこのままでもよい。変更する場合は、Windows Azureであることが一目で分かる名前がよいだろう(他のクラウド・ストレージを追加接続する可能性もあるため)。

 次の画面では、前編でWindows Azureストレージ・アカウントを作成したときにメモしておいた、ストレージ・アカウント名とアクセス・キーを指定する。

Windows Azureストレージの認証情報の設定
Windows Azureストレージをセットアップした際に作成したストレージ・アカウントの情報を指定する。
ストレージ・アカウント名を指定する。
Windows Azureストレージのプライマリ・アクセス・キーを指定する。

 あとは[次へ]ボタンをクリックしていくとウィザードは完了する。管理コンソールの画面に戻ると、さきほど[仮想ディレクトリ (アカウント) 名: ]で指定した名前で、Windows Azureストレージがマウントされているはずだ(下の画面の)。

接続(マウント)されたWindows Azureストレージ
正常に接続が完了すると、このようにツリーにぶら下がるフォルダのように、Windows Azureストレージが表示される。

社内サーバからWindows Azureストレージへバックアップする

 これでバックアップ前の準備は整ったので、ここからはGladinet Cloud Serverによるバックアップ手順について説明しよう。

 今回対象としているファイル/フォルダのバックアップの場合、Gladinet Cloud Serverでは次のようなバックアップ手段が利用できる。

  • スナップショット: 履歴を管理できるバックアップ
  • ミラーリング: ファイル変更をリアルタイムで検出してバックアップ

 本稿では、一番よく使われると考えられる履歴管理の可能なスナップショット・バックアップの手順を説明しよう。スナップショットの履歴をさかのぼって復元できる(Windowsのボリューム・シャドウ・コピーによる履歴と、概念的には近い)。以下では、1日1回定時にバックアップを取るスケジュールを組み、10日に1回はフル・バックアップ、それ以外は増分バックアップとする。またスナップショットの履歴は20個までとする(無制限にスナップショットが増えることで、Windows Azureストレージの容量を圧迫するのを防ぐため)。

 まず管理コンソール左上のボタンをクリックして、メニューから「高度なバックアップ」を選び、[スナップショット]タブにある「フォルダごとにバックアップする」ボタンをクリックする。

フォルダ単位でスナップショット付きバックアップを実行する
初回はフル・バックアップを行い、その後は変更のあったファイルのみバックアップ(増分バックアップ)するものとする。対象はフォルダ単位で選択できる。
ここをクリックして表示されるメニューから、これを選ぶ。
このタブを選ぶ。
これをクリックすると、フォルダ単位でバックアップするウィザードが起動する。

 次の「バックアップ場所」の画面では、バックアップしたいフォルダにチェックを入れてオンにする。そのフォルダ以下のファイル/サブ・フォルダがバックアップされる。

バックアップ対象のフォルダを選ぶ
バックアップするフォルダにチェックを入れてオンにする。

 次の「バックアップ先」の画面では、バックアップ・データを保存するクラウド・ストレージを指定する。ここでは、初期設定で接続の設定を済ませたWindows Azureストレージを選ぶ。

バックアップ先のクラウド・ストレージを選ぶ
接続されているクラウド・ストレージの一覧が表示されるので、バックアップ先とするWindows Azureストレージを選ぶ。
こちらがWindows Azureストレージ(この名前は仮想ディレクトリ名)。チェックを入れてオンにする。

 次の「バックアップ時間」の画面では、定期的なバックアップのためのスケジュール設定をする。

バックアップ時刻を設定する
1日1回バックアップを取るように設定する。
これを選ぶ。ここで「カスタムバックアップ」を選ぶと、曜日によってはバックアップしないといった設定ができる。
毎日バックアップを始める時刻を指定する。
デフォルトのまま、チェックを入れてオンにしておく。これにより、ウィザード完了後、すぐにフル・バックアップが行われる。

 次の「確認して実行」の画面では、フル・バックアップの頻度などが設定できる。

設定内容を確認する
これはウィザードの最後の画面で、これまで設定した内容を確認できるほか、フル・バックアップの頻度など詳細な設定もできる。
フル・バックアップの頻度を指定する。ここでは10日に1回、フル・バックアップを取るように設定している。
保存しておくスナップショットの最大数を指定できる。ここでは20個を上限とした(最新から20個分のスナップショットが保存される)。デフォルトの0のままだと、際限なくスナップショットが増えてWindows Azureストレージの容量を圧迫しかねないので、上限を設定した方がよいだろう。
ここまでのウィザードで設定した内容を確認できる。バックアップ実行日時が正しく表示されていないが、管理コンソールの画面に戻ると確認できる。
これをクリックすると、バックアップが始まる。

 ウィザードを完了させると、すぐフル・バックアップが始まる。その進捗状況は[スナップショット]タブで確認できる。

バックアップ中の管理コンソール画面
バックアップの状況や設定、履歴などが確認できる。
これをクリックすると、の画面が表れる。
これを選ぶと、バックアップの進捗状況が確認できる。バックアップが実行される日時は[次回の開始時刻]に表示される。
これを選ぶと、スナップショットの一覧が表示される。
これを選ぶと、バックアップの履歴一覧が表示される。
これを選ぶと、ウィザードで設定した内容が表示される。設定変更もこのタブで行う。


 INDEX
  [運用]
  社内サーバをクラウド・ストレージにバックアップする(前編)
    1.クラウド・ストレージは対応ツールと組み合わせて活用する
    2.Windows Azure無料評価版への登録
    3.Windows AzureストレージとGladinet Cloud Serverのセットアップ
 
  社内サーバをクラウド・ストレージにバックアップする(後編)
  1.Gladinet Cloud ServerによるWindows Azureへのバックアップ
    2.Gladinet Cloud ServerによるWindows Azureからの復元

 運用

 @IT Special PR「Azure実践活用虎の穴

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH