製品レビュー
企業ユーザーのためのSFU 3.5活用ガイダンス

第2回 NISサーバとパスワード同期機能(前編)

3.NISサーバの管理

たかはしもとのぶ <monyo@home.monyo.com>
2004/06/11

 NISサーバの管理としては、大きくNISサーバ自身の管理とNISサーバに格納されるNISマップの管理に分かれるが、まずはNISサーバ自身の管理について解説する。

 インストールが完了すると[Services for UNIX の管理]ツールに[NIS サーバー]管理ツールが表示されるようになり、NISサーバ自身の管理が可能になる。

 ただし筆者の私見だが、このGUIは完成度が低く設定が各所に分散している。そのため、以下GUIと対応する説明が前後することがあるが、ご了承いただきたい。

 また以下UNIXのNISサーバという表現を用いるが、これはSFU以外のNISサーバをすべて含むものとする。

NISスレーブ・サーバの追加と削除

 前述したように、NISマップの情報はドメイン内のドメイン・コントローラに複製される。このため、同一のActive Directoryドメイン内の別のドメイン・コントローラにSFUのNISサーバ機能をインストールすれば、その時点でそのドメイン・コントローラはNISスレーブ・サーバとして動作し、次の画面のように、管理ツールの[NIS サーバ]の一覧に現れる。

NISドメインのNISサーバ画面
左側のペインにある各NISドメインのアイコンをクリックすると表示される画面。この例では、MEGUというUNIXマシンがNISスレーブ・サーバとして追加されている。
  NISドメインの選択。
  NISドメインのNISサーバに関する設定を行う。
  新規にUNIXのNISサーバをNISスレーブ・サーバとして追加する場合は、ここにサーバのホスト名を入力する。
  選択されたNISドメインに存在するNISサーバ一覧。
  選択されたWindowsのNISサーバをNISマスタ・サーバに変更する。
  選択されたUNIXのNISサーバをNISスレーブ・サーバから削除する。
  設定を適用する。
  NISマップの同期管理画面(後述)。

 一方、UNIXのNISサーバは、明示的に追加する必要がある。この画面で[サーバー名]に追加するUNIXマシンのホスト名を入力し、[追加]ボタンを押す。追加したUNIXのNISスレーブ・サーバを削除したい場合は、[サーバーとモード]で削除したいサーバを選択して、の[削除]ボタンを押せばよい。

 なおNISサーバがUNIXかどうかは、「サーバーとモード」の[オペレーティング システム]欄より確認できる。

NISマスタ・サーバの変更

 Active Directoryはマルチマスタ・レプリケーションのため、基本的にNISマスタ・サーバやNISスレーブ・サーバといった概念は意味を持たない。意味を持つのは、UNIX(非SFU)のNISスレーブ・サーバを設置する場合のみである。この場合、UNIXのNISスレーブ・サーバは、NISマスタ・サーバからNISマップ情報を複製する。

 必要であればNISマスタ・サーバとなるドメイン・コントローラを変更することは可能である。変更する場合は、上の画面の[サーバーとモード]で、新しいNISマスタ・サーバとしたいサーバを選択し、の[昇格]ボタンを押す。ただしUNIXマシンをNISマスタ・サーバにすることはできない。

NISマップの同期間隔の構成

 SFUのNISサーバ同士はActive Directoryの複製で情報を同期させるため、以下の説明はUNIXのNISスレーブ・サーバが存在するときのみ意味がある。

 UNIXのNISスレーブ・サーバに対する、NISマップの更新頻度とログ記録の設定を行うには、次の[NIS サーバー]管理画面を利用する。基本的には、この設定を変更する必要はないだろうが、緊急にNISマップの変更を同期させたい場合は、[今すぐ確認]ボタンを使えばよい。

NISサーバの管理
UNIXのNISスレーブ・サーバに対する、NISマップの更新頻度とログ記録の設定を行う。
  [NIS サーバー]メニュー。
  NISマップの更新間隔。
  更新を即座にNISスレーブ・サーバに伝達する。
  ログ取得の設定。
  設定を反映させる。

 以上の[NIS サーバー]画面での設定はすべてのNISドメインに共通であるが、次の[マップ]画面を利用すると、個別のNISドメインごとにNISマップを同期させることもできる。

NISマップ単位の同期管理
左側のペインでNISドメインを選択してから[マップ]タブをクリックすると、NISドメインごとにNISマップ単位の同期を行うことができる。
  ここをクリックして、この画面を表示させる。
  同期させたいNISマップの選択。
  選択したNISマップを同期させる。
  パスワードの暗号化方式の選択。

パスワードの暗号化形式の変更

 説明の関係上最後になるが、最も重要な設定がパスワード暗号化方式の指定になる。

 SFUのNISサーバは、パスワードの暗号化形式として伝統的な「crypt」形式と、より強力でLinuxなどでサポートされている「md5」形式をサポートしている。ただしSolarisをはじめ、多くの商用UNIXでは互換性のため「crypt」形式の暗号化しかサポートしていないこともあり、デフォルトは「crypt」形式になっている。「md5」形式を使用する場合は上の画面の[UNIXパスワードの暗号化方式]で「md5」を選択する。

CUIでの設定

 ここまでGUIでの設定方法を解説したが、ここで解説した設定は、nisadminコマンドなどのCUIツールで設定することもできる。


 INDEX
  [製品レビュー]企業ユーザーのためのSFU 3.5活用ガイダンス 
  第2回 NISサーバとパスワード同期機能(前編)
    1.NISサーバ機能の概要とインストール
    2.既存のNISサーバからの移行
  3.NISサーバの管理
 
 製品レビュー


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH