ICDロゴ

DES (Data Encryption Standard)

【ディ・イー・エス/デス】

最終更新日: 2007/05/10

 共有鍵暗号方式を使用するデータ暗号化技術の1つ。米IBMによって開発され、1977年、米連邦政府によって、各省庁のデータを暗号化して保護するための標準暗号化方式として採用され、広く普及した。DESは、共有鍵暗号化方式のデファクト・スタンダードである。しかし昨今のコンピューティング・パワーの増大などにより、DES暗号の解読も不可能ではなくなってきたため、現在ではより高度な次世代の暗号化システム(AES)が標準として普及しつつある。

 DESは、64bitサイズの鍵を使用するブロック暗号であるが、このうち8bitはパリティとして使用されるため、実質的な鍵のビット長は56bitである。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -