マイクロソフト、車載用Windows CEを発表

2001/11/1

マイクロソフト 藤井照穂氏

 マイクロソフトは10月31日、カーナビを含む車載情報システム向けOS「Windows CE for Automotive v.3.5」を発表し、搭載製品の開発メーカー向けに出荷を開始した。

 「Windows CE for Automotive v.3.5」では、新たな機能として、カスタマイズ可能なGUI&SUI(サウンドユーザーインターフェース)を搭載し、WindowsのUIをベースに、それをさらに拡張することで車に適したUIの設計を可能にした。また、UIのデザインなどは、XMLのリソースファイルにより定義できるため、プログラムそのものをいじることなくUIを変更できるようになっている。

 さらに、ハンズフリーを可能とするため、音声認識インターフェイス(SAPI5)にも対応。Webブラウザとしては、コンパクトなサイズ(約700KB)の「Mobile Explorer」が新たに提供される。

 そのほか、従来のWindows CE for Automotive 3.0からの機能強化点として、

  • 小型の日本語フォント(ビットマップ)の提供
  • グラフィックス機能の強化(地図用APIへの対応)
  • 高速コールドスタート(Windows CEはワームブートが前提だったので、大幅に設計変更)

などが挙げられる。

 発表会の席上、マイクロソフト プロダクト ディベロップメント リミテッド プレジデントの藤井照穂氏は、「カーナビ市場は前年比30%の成長を遂げており、日本は最大の市場であり、重要なマーケットとして認識している。日本にも開発部隊を置き、今後も日本のユーザーのニーズに合った製品を提供していく」と語った。

[関連リンク]
マイクロソフトの発表資料

[関連記事]
スタートを切った自動車用システムの覇権争い (TechWeb/@ITNews)
MS、Windows CE用アプリケーション開発環境受注開始 (@ITNews)
マイクロソフト、新規市場で攻勢なるか (NewsInsight) 

 

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン