ネットジャパン

8秒待たせるWebアプリはユーザーが逃げる――テストツール新版が登場

2007/08/09

 ネットジャパンは8月9日、Webアプリケーションの負荷やパフォーマンスをテストするツール「WAPT 5.0」(日本語ヘルプ付き)を出荷開始したと発表した。米国の調査によるとWebでの要求が8秒以内に完了できないとユーザーがそのWebサイトから離れるといい、Webアプリケーション開発者にとってボトルネックの発見は重要な作業。WAPTはAjaxを含むWebアプリケーションも簡単にテストできるという。

 WAPTは数百、数千の仮想ユーザーを作成し、その行動をエミュレート。実際にWebサイトにアクセスさせて負荷をシミュレーションできる。仮想ユーザーごとにアクセス元のIPアドレス、クッキー、フォームの入力データ、ID、パスワード、接続スピードなどを設定可能で、実際のユーザーアクセスに近い環境を構築できるという。テストのシナリオはウィザードで簡単に作成できる。

wapt01.png 「WAPT 5.0」のレポート機能

 動的なWebサイトやAjaxを使ったWebサイト、Webアプリケーションにも対応。SSL 2.0/3.0をサポートし、HTTPSコンテンツのテストもできる。WAPTはオープンプライス。参考価格は1〜2ライセンスの利用で、1ライセンス当たり5万5000円(税別)。3〜4ライセンスの利用で、1ライセンス当たり5万円など。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン