ARM、x86に続いてハードウェアサポートに広がり

AndroidがMIPSにも移植

2009/04/24

 組み込みLinuxソリューションを提供する米Embedded Alleyは4月23日、AndroidプラットフォームをMIPSアーキテクチャへ移植したと発表した。5月から提供を開始する。

 RMIのArchemyプロセッサファミリーなど、コミュニケーション用途、メディア用途の組み込みプロセッサとして使われるMIPSをサポートする。Androidに特化したLinuxカーネル2.6.28のパッチや、Dalvik VM、デバイスドライバやSDKの移植などを行ったという。

 同社によれば、今回の発表は単純なAndroidの移植ではなく、パーソナルメディア、MID、デジタルビデオ、ホームエンターテイメント、車載デジタル機器、医療機器などで利用できるアプリケーションも含むという。

 Androidはもともとモバイル端末向けとしてARMアーキテクチャに対応して製品が登場したが、現在ではx86アーキテクチャに対応するなどネットブックやデジタル家電などの組み込み分野での利用も期待されている。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。