Apache

アパッチ

 NCSA httpd Ver.1.3をベースとして、1995年にだれでも無償で修正、再配布を行うことができるフリーソフトウェアとして開発が開始されたWebサーバ。

 ApacheはBrian BehlendorfとCliff Skolnickを中心として組織されたApache Groupにより開発され、最初の公式リリースバージョンは0.6.2。1999年6月より、開発はApache Software Foundationに移管された。世界中で人気が高く、Apache Software Foundationの発表ではWebサーバの60%がApacheを使用しているという。LinuxFreeBSDなどを含むUNIX系のOSで稼働し、マイクロソフトのWindowsにも移植されている。

 Apacheの名称の由来は、NCSA httpdに対する修正や機能追加のpatchの寄せ集めとして開発されていた経緯から“A patchy”(寄せ集め、つぎはぎなどの意)とされている。

 Apacheは設定の簡易さと処理の高速性、モジュールによる拡張性の高さなどの特徴を持ち、信頼性の高さから数多くのWebサーバに採用されている。Apacheの主な機能として、

  • Proxyサーバ
  • SSI
  • CGI
  • 認証機能
  • SSL
  • keep-alive
  • バーチャルホスト
  • cookie

などが挙げられる。

 2001年5月現在の最新バージョンは1.3.19であり、パブリックベータ版として2.0.16が公開されている。

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH