FreeBSD

フリービーエスディー

 Nate Williams、Rod Grimes、Jordan K. Hubbardの3人によってPC/AT互換機用として1993年に開発が始まったUNIX互換OS。現在はAlphaおよびPC-98アーキテクチャに移植されている。

 FreeBSDはフリーソフトウェアとしてソースコードを含めて無償で公開されており、FreeBSDプロジェクトによって管理されている。

 386BSDから派生したOSだが、386BSDに対するパッチによってバージョンアップを行うのではなく、あらかじめパッチがあたった386BSDをインストールできるパッケージを作成するという方針で開発されている。同じく386BSDから派生したNetBSDが積極的に先進的な機能を取り入れ、ほかのプラットフォームへの移植も意欲的に行われているのに対し、FreeBSDはNetBSDの成果を取り込みつつ安定性を重視するという特徴がある。

 FreeBSDはBSDライセンスに基づいて公開されているため、GPLに基づいて公開されているソフトウェア(Linuxなど)よりも利用に関する自由度が高い。

 FreeBSDの特徴の1つに、Portsという形態によるソフトウェアの提供がある。Portsとは、ソースコードやMakefileに関する情報のスケルトンを提供し、makeコマンドを実行することによってローカルCD-ROMやインターネット上のサーバからソースコードを取ってきて、コンパイル、インストールを行う仕組みである。また、コンパイル済みの実行形式を圧縮してまとめたpackageを利用することもできる。

 FreeBSDはstableとcurrentという2つのバージョンが公開されており、安定版であるstableの2001年5月時点での最新バージョンは4.3である。

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH