MTU

エムティーユー / Maximum Transmission Unit

 ネットワークで一回に送信できる最大のデータサイズのこと。MTUは物理媒体ごとに異なり、イーサネットのMTUは1500バイトで、光ファイバ(FDDI)は4352バイトとなる。

 MTUの値を超えたパケットを送信する場合、MTUに合わせてパケットを分割する。この分割作業を「IPフラグメンテーション」と呼び、ルータを経由する際に自動的に行われる。送信側であらかじめサイズを設定できるが、受信側のサイズが小さいと受信できず、エラーが返される。その場合は、受信側のMTUに合わせて再分割され、改めて送信される。

 ただし、あて先ではすべてのフラグメント化されたパケットが揃うまで再構成を実行しないため、IPフラグメンテーションによる再分割と再送信の手順の分だけ時間がかかってしまう。さらに、TCP/IPのMTUの最小サイズは576バイトと、Ethernetよりも遥かに小さいサイズが設定されており、IPフラグメンテーションが発生する可能性は高い。

 pingコマンドなどでMTUサイズを事前に確認し、MTUの値を適切なサイズに設定することが望ましい。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH