.NET

ドットネット、Microsoft .NET

 マイクロソフト社が2000年6月に発表したソフトウェアをサービスとして提供し、インターネット上の複数のWebサービスを連携する次世代のインターネット戦略、または基盤技術。正式には、「Microsoft .NET」と呼ぶ。

 .NETによって、インターネット上に点在するアプリケーション(システム)が自らの機能をサービスとして公開し、それぞれがネットワークを介して連携することで大規模なサービスを構築できる。異なるシステムのサービスを利用する場合は、XMLを利用したWebサービスを用いて通信を行う。

 アプリケーションの開発にはC++やVisual Basic、VBScript、JScript、C#言語などが利用可能。機能や用途によって、それぞれに適した言語を組み合わせて1つのアプリケーションを構築することもできる。

 PC、サーバやPDAのような端末に対して動作環境が提供され、ハードウェアやプラットフォームに依存することなくソフトウェアの実行が可能。Windowsでは、「.NET Framework」として実行環境が提供されている。また、開発環境はマイクロソフト社より統合開発環境であるMicrosoft Visual Studioが提供されている。

関連記事

関連用語

.NET Framework
ASP.NET
XML

リンク

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH