Database Watch 6月版 Page 2/2

livedoorが惚れたデータベース、社長ブログも…


加山恵美
2005/6/14

ブログとデータベース・チューニング

 いずれにせよ、ブログが急速に伸びているのは確かです。となるとシステム側の負荷も同様です。どんなに頑丈なプラットフォームを用意していても、すぐ処理能力の限界に近づいてしまいます。そのためか、ブログの新規開設を一時停止しているプロバイダも見受けられます。そこまで深刻でなくても、どのプロバイダもシステムを増強するために頻繁にメンテナンスを行っていたり、深夜になるとパフォーマンスが落ちるという話もよく聞きます。ブログの安定性はいま重要な課題です。

 安定性の維持に苦戦しているということは、いまブログは身近なデータベース利用例の中で最もパフォーマンス・チューニングが熱い領域なのかもしれません。もちろんブログシステムの背景にはデータベース技術のほかの要素もありますが、高度な運用技術が求められる事例となっていそうです。

 さらに将来に目を向けてみると総務省の予測では2007年3月末にはブログの利用者は約782万人、アクティブな利用者は約296万人、閲覧者は約3455万人にまで上るとされています。およそ現在の倍です。より処理能力を向上させなくてはなりません。さらに機能も向上させないとユーザーが離れていく可能性があります。最近ではパフォーマンスや機能を理由にプロバイダを乗り換えるユーザーもしばしば見受けられます。ブログの運営側にはますます厳しい条件が突き付けられています。

 2005年5月に開催された「IBM Software World」では「DB2が支えるlivedoor Blog」という講演がありました。あの有名な社長ブログや広報のお仕事日記はDB2が支えているのですね。一方、ほかのブログサイトではオープン系で固めているところもあるとか。そのうちにブログのプロバイダがデータベースの利用事例にずらずらと並ぶことになるかもしれません。

データベース・コミュニティはブログにシフト?

 これからのブログとエンジニアの関係で考えると、ブログは技術情報交換のメディアとしても活躍していきそうな気がします。これまでも秀でたノウハウを持つ人がベストプラクティスなどをホームページで披露していましたが、この形態がブログへとシフトする可能性は高いと感じています。ただしブログだと新しい情報に古い情報が押されてしまうため、従来のホームページ形式も残るでしょう。しかし、ブログはより新しい話題を簡単に提供するには便利なツールとして使えそうです。現に、エンジニアが最近の動向やノウハウについて語るブログも目にするようになりました。

 ブログが今後どう発展していくか興味津々ですが、現時点での主要なデータベース・コミュニティをあらためて見渡してみましょう。ネットにおけるオフィシャルな技術情報提供やエンジニア同士の交流はかなり定着してきました。どこもホームページを主軸として、メルマガやブログも併用しています。意見交換は掲示板やメーリングリストを使うのが一般的です。最近自然発生しているコミュニティでは、ブログやmixiなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)も使われているようです。

 オラクルにはOracle Technology Network Japan(OTN Japan)があり、会員数30万人を抱えています。ドキュメントがかなり充実しています。オラクルというと難易度が高いというイメージがありますが、新社会人応援特集として初心者向け啓発にも力を入れています。

 同様にIBMならdeveloperWorksです。あらゆる分野の技術情報、特にオープン系が際立って充実しています。DB2の情報はDB2 Developer Domainにまとめられています。いまdeveloperWorksではサイトリニューアル記念でニュース購読を申し込むとオリジナルストラップがもらえるそうです(2005年7月15日申し込み締め切り)。またdeveloperWorksでは米国サイトの機械翻訳デモが提供されています。もちろん機械翻訳なので多少ぎこちない表現はありますが、英文が苦手なら試してみるのもいいでしょう。

 SQL Serverといえば先にブログを紹介したPASSJがオフィシャルなコミュニティです。ここも技術情報が充実しています。PASSJではオフラインでの講習や交流に熱心で、会社員でも参加しやすいようなセミナーを随時開催しています。また、今月末には冒頭で紹介したSQL Server 2005 CTPを題材としたセミナーも企画されています。

 個人的には自己満足でもいいから楽しい企画でブログを書いてみたい、またはスーパーアフィリエイターを目指すべきか、なんて夢を膨らませている今日このごろです。ではまた来月、お会いしましょう。

2/2  

 Index
連載 Database Watch 6月版
livedoorが惚れたデータベース、社長ブログも…
  Page 1
・ORACLE MASTER “Platinum”は
日本人が40%
・ブログはエンジニアの必需品になるか
Page 2
・ブログとデータベース・チューニング
・データベース・コミュニティはブログにシフト?


Database Watch



Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Database Expert 記事ランキング

本日月間
ソリューションFLASH