解説

ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力

第1回 Visual Studio .NETのイロハ

山田 祥寛
2003/04/15

Page1 Page2 Page3 Page4 Page5 Page6

■VS.NETのイロハ
 以上で、開発に必要な環境は整ったのだが、VS.NETには多くの機能・ツール群が用意されている。「インストール終了、即開発開始」とせずに、まずは全体的な画面構成と機能をおさえておこう。

・マイ・プロフィール
 初めてVS.NETを起動したときに表示される画面(Fig.1-15)。起動時のトップ・ページやヘルプ、ウィンドウなどの表示形態を指定する。特別に設定の必要がない場合には、デフォルトのままでも問題ない。

Fig.1-15 マイ・プロフィール

・プロジェクト
 デフォルトのスタートページだ。

Fig.1-16 プロジェクト画面

 2回目以降の起動時には、このページが起動する。このページからは新しいプロジェクト、もしくはすでに作成済みのプロジェクトを起動することができる。

 「プロジェクト」とは、「.html」や「.aspx」、「.jpg」のような画像ファイルなども含めた1個のアプリケーションを構成する単位をいう。ちなみに、VS.NETではもう1つ「ソリューション」というくくりが存在し、1つのソリューションには複数のプロジェクトを含めることができる。その中の1つのプロジェクトが、いわゆる「スタートアップ」プロジェクトとして設定されるイメージである。

 [新しいプロジェクト]ボタンをクリックすると、Fig.1-17のような画面が表示される。

 ASP.NETアプリケーションを構築する場合には、使用言語(Visual BasicやC#など)を[プロジェクトの種類]から選択の後、[テンプレート]として「ASP.NET Webアプリケーション」を選択する。

Fig.1-17 [新しいプロジェクト]ダイアログ
ASP.NETアプリケーションを構築する場合には、[プロジェクトの種類]から使用言語を選択の後、[テンプレート]として「ASP.NET Webアプリケーション」を選択する。

 なお、[新しいプロジェクト]ダイアログは、メニュー・バーの[ファイル]−[新規作成]−[プロジェクト]から呼び出すことも可能だ。

・Webフォーム・デザイナ
 ASP.NETアプリケーションを開発する場合のフォーム・デザイナだ。VS.NETにおける開発では、本画面をメイン・スクリーンとしてコントロール(テキスト・ボックスやラベルなど)を配置していく。

Fig.1-18 Webフォーム・デザイナ
実際の開発では、ここにコントロール(テキスト・ボックスやラベルなど)を配置してWebフォームを作成していく。

 各コントロールはFig.1-19に示す「ツールボックス」からドラッグ&ドロップすることで配置できる。

Fig.1-19 ツールボックス
必要なコントロールをここからWebフォーム上にドラッグ&ドロップする。

 また、Webフォーム・デザイナは、いわゆる「デザイン・モード」と「HTMLモード」を下部のタブによって切り替えることが可能だ。コントロールの配置はデザイン・モードで行うのが一般的であるが、後述するフロー・レイアウトによる画面設計の場合、細部を微調整したいときにはHTMLモードを併用するというような使い分けも可能だろう。


 INDEX
  ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力
  第1回 Visual Studio .NETのイロハ
    1.ASP.NET その魅力
    2.Visual Studio .NETのインストール方法(1)
    3.Visual Studio .NETのインストール方法(2)
    4.Microsoft SQL Server Desktop Engine(MSDE)のインストール方法
  5.VS.NETの画面構成と機能(1)
    6.VS.NETの画面構成と機能(2)
 
インデックス・ページヘ  「解説:ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH