Visual Studio .NETによるチーム開発事始め

Visual SourceSafeの環境を構築する

一色 政彦
2003/11/15
Page1 Page2 Page3 Page4

■オプション:VSSユーザーのセキュリティ設定

 以上で、ユーザーの登録は完了だ。しかし、さらにここで、VSSユーザーごとにVSSデータベースへのセキュリティ設定を行うことをお勧めする。セキュリティ設定を行うことで、VSSデータベースをより安全に管理できるだけでなく、誤った操作によるトラブルを防ぐことができるからだ。例えば、開発者のユーザーに「破棄」の権限を付与しないようにすれば、開発者が誤った独断でソース・ファイルを削除するといったトラブルを未然に防ぐことができる。

 VSSデータベースでユーザーごとのセキュリティ設定を行うには、VSSの「プロジェクト セキュリティ」を有効にする必要がある。それには、VSSアドミニストレータのメニューから[ツール]―[オプション]を実行して、[Visual SourceSafe オプション]ダイアログを起動し、そのダイアログの[プロジェクト セキュリティ]タブを開いて、[プロジェクト セキュリティを有効にする]のチェック・ボックスにチェックを入れる。

VSSの「プロジェクト セキュリティ」の有効化
  メニュー・バーの[ツール]―[オプション]を実行して[Visual SourceSafeオプション]ダイアログを開く
  [プロジェクト セキュリティ]タブを選択する
  [プロジェクト セキュリティを有効にする]チェック・ボックスにチェックを入れる
  [規定のユーザー権限]では、ユーザーを追加したときに、そのユーザーに適用されるデフォルトのユーザー権限を指定できる。例えば、ここで「破棄」のチェックを外しておけば、以後新たに作成されるユーザーには、デフォルトで「破棄」の権限が付与されない

 VSSの「プロジェクト セキュリティ」を有効にすると、VSSアドミニストレータのメニュー・バーの[ツール]―[プロジェクトごとの権限]、[ユーザー権限の設定]、[ユーザーの権限のコピー]が有効になり、それぞれを実行できるようになる。次の画面は有効になったメニューの中から[プロジェクトごとの権限]を実行した例だ。

プロジェクトに対するユーザー権限の設定
  メニュー・バーの[ツール]―[プロジェクトごとの権限]を実行して[プロジェクトに対する権限]ダイアログを開く。
  セキュリティ設定を行うプロジェクト(この例ではルート「$/」)を選択する。この段階では、まだプロジェクトを追加していないので、ルートしか選択できない。プロジェクトの追加については次回解説予定。
  セキュリティ設定を行う「ユーザー」(この例では「DevB」)を選択する
  「ユーザーの権限」の設定を行う。実行権限を認める機能にチェックを入れ、認めない機能はチェックを外す

 以上で、VSSサーバ環境の構築は完了である。

Visual SourceSafeのクライアント環境の構築

 次は、VSSクライアント環境を構築する。前回説明したように、VSSソフトウェアはクライアント側にもインストールする必要があるので、まずは、VSSクライアントのインストールから解説しよう。

■VSSクライアントのインストール

 VSSクライアントのインストールも、VSSサーバとほぼ同じで、それほど難しくない。本稿ではインストール先フォルダを「C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VSS」(デフォルト値)に指定してインストールを行った。注意点としては、VSSクライアントのセットアップでも「CDキー」が必要になることだ。

クライアント環境でのVSS のセットアップ
前回作成したサーバ上のVSS共有フォルダ(この例では「\\Win2003\VSS」)をエクスプローラで開いたところ。
  VSS共有フォルダ内の「NETSETUP.EXE」を実行する

■オプション:VSSサービスパックのインストール

 クライアント側のVSSのバージョンが6.0、6.0a、6.0bの場合は、VSS SP6を適用する必要がある。その場合、VSS共有フォルダ内の「VSS SP6のセットアップ・フォルダ」を開き、その中の「setupsp6.exe」を実行する。なお、この「VSS SP6のセットアップ・フォルダ」は前回追加したものなので、通常は存在しない。注意してほしい。

クライアント環境でのVSS SP6のセットアップ
VSS共有フォルダの中の「Visual SourceSafe 6.0 Service Pack 6 セットアップ」のフォルダ(この例では「\\Win2003\VSS\sp6」)をエクスプローラで開いたところ。このフォルダは前回追加したもので、通常は存在しない。
  「setupsp6.exe」を実行する

次回は

 次回はいよいよVisual Studio .NETを使ったソース管理の実践方法を説明する。内容としては、Visual SourceSafeへのプロジェクトの追加、Visual Studio .NETからのソース管理の実践などについて解説する予定だ。次回もぜひご期待いただきたい。End of Article


 INDEX
  Visual Studio .NETによるチーム開発事始め
  Visual SourceSafeの環境を構築する
    1.Visual SourceSafeのサーバ環境を構築する
    2.Visual SourceSafeデータベースの作成
    3.Visual SourceSafeユーザーの登録
  4.Visual SourceSafeのクライアント環境の構築
 
インデックス・ページヘ  「Visual Studio .NETによるチーム開発事始め」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH